スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
1,000件目の日記。
JUGEMテーマ:日記・一般



 1,000件目の日記。

 maxwellstreet


 何を書いてきたかなんて、本人ですら覚えていないのだから、読者の方の記憶にどれだけ残っているのだろう。

 友達同士での下世話なお喋りならば、その場で忘れて消去してしまってもいっこうに問題はないが、こうして文字にして尚かつ誰にでも閲覧出来る環境に自ら晒しているので、うかつに軽口など叩けない。

 正直なその時感じた心の動きをしたためたい気持ちと、他者から誤解を生まない様に言葉を選ぶ慎重さの狭間で揺れ動く事もしばしばある。


 特に世相世情、思想や風俗に対する率直な意見は極力自制して書いているつもりである。


 怒りや憤りを感じない日が無い方が珍しいくらいだが、あえてその類いには口を慎んでいる。

 あくまでも当方ブログにおける趣旨は、ボクの周辺で起きるブルース事情の報告の場である。

 1,000本目を節目に、この本分を再確認したい。


 とはいえ、ブルースの現場のこぼれ話からは、何ら関係の無い私的な内容も振り返れば多々有ることは弁解しない。

 


 いつだったか、ある面識の無い読者の方が、ボクたちのライヴ演奏を初めて観た感想をこう表現してくれたことを思い出した。


 『市井(しせい)のブルース』


 「市井」を辞典であらためて調べてみた。


 人の集まり住む所。

 まち。

 ちまた。

 『市井の人』=「庶民」

 (語源)昔、中国で、井戸のある所に人が集まって市が成立したところから。



 なかなか言い得て妙である。

 ボク達にとっては最高の褒め言葉かも知れない。


 さしずめ井戸が「ブルース」なのか・・・。

 

 つい先日、これもボクが恥をしのんで公開しているYouTubeチャンネルを通じて、パーソナルメッセージがメールボックスに届いていた。

 その内容は、10数年前のなんばや梅田の路上演奏についての事である。

 送信者の方もミュージシャンらしく、たびたび当時ボクたちが路上で無差別に大音量でまき散らしていた場面に出くわしていたそうだ。


 そして偶然にもYouTubeの動画に引っかかったという。

 あの頃は、日替わりで3つのグループに分かれて、演奏にばかり集中し、MCは勿論のこと自己紹介などもほとんどなく、カンパ箱と一緒に置いてあったライヴフライヤーですら「持っていく人はどうぞご自由に」という無愛想さだった。

 送信者の方の記憶も多少混同していてメッセージにある登場人物の取り違えておられる。

 そんなことより10数年前、通りがかりの遭遇を今も記憶に留めてくれていた事は、感激もひとしお。


 一方でボクの記憶の中でも、路上で出逢った多くの人達は今もはっきりと残っている。

 「あの人はどうしているかな?」「あの子はもう家庭を持ったんだろうなぁ」なんて思い出した様に回想することもある。



 2011年秋現在、

 残念ながら、そうした生の出逢いの機会は消滅してしまった。


 あの行為が「市井のブルース」だとするならば、まさしくそんな毎日だったのかもしれない。


 10数年の経過は、ボクたちの生活環境も一変させた。

 あの頃の仲間の内の幾人かは、色々な事情で演奏からも遠ざかってしまった者もいる。

 かと思えば新しい出逢いもあり、「井戸」は幸いにも失わずにいる。


 
 1,000回目の更新を前に、何を想うか・・・。



 大それておこがましいが、あえてここは口ごもらず文字に残しておきたい。

 このブログが、その『井戸』のひとつとして、どこかの誰かが集って欲しい。



 開設当初には、コメント数やアクセス数に一喜一憂していた時期もあったが、今はそこに評価を求めることも少なくなった。

 但し、なにがしかを書き続けることだけは、面倒くさがらずに、これまで通り努めて等身大で、

 『市井のブルース』をご報告していきます。

 (時々は、個人的日記に転じることはご容赦を)


 
 過去に書いた10数年前の路上演奏を振り返った記事。

 当時を知る人、また知らない人、よろしかったら下記クリックを。


 『ロジョウ』の記録シリーズ

 
 

 

 

| アーカイブ日記集 | 22:30 | comments(2) | - | pookmark |
『ロジョウ』の記録。シリーズ、総括。
JUGEMテーマ:音楽


 『ロジョウ』に関わった人は、少し思い出して頂けたでしょうか?

 ここに書いたエピソードは、ほんの一部で、書きたくても書けない事も多々あった。また、それぞれのバンド内にも隠れた事件は多かったことでしょう。

 肝心の演奏についての記述が圧倒的に少なかった事をお許し下さい。


 なぜなら、そういう記憶が著しく少ない。あの場所にまつわるハプニングや演奏後の下世話な会話、機材調達や場所取りの苦労等の方がそれを上回って心に残っている。

 
 今でも、あの場所が出逢いとなり、支援してくれる人があることを、当事者達は再確認しましょう。
 出来るならば、もう一度あの場所に戻りたいという切なる希望が心の隅に無いとは言えませんが、如何せん置かれた状況は厳しい。

 カンパ箱
 カンパ箱2
 カンパ箱3

 カンパ箱のチラシを手に取ってくれた事、何かの拍子に思い出してくれたら嬉しい。
 
 そしてまたどこかで、お会いしたいものです。


 最後に一枚の集合写真で総括です。

 ナンバ高島屋前、住友銀行歩道軒下にある時刻灯の下。
 時刻は、平成11年11月11日11時11分。

 この写真を撮る為に、機材撤収を急いだ。面倒くさそうな不平を言いつつ、シャッターにはちゃっかりと皆笑顔で収まってます。
時計

 10年ぶりにメールを頂いた某さん、おかげでいろいろ思い出しました。

 この場を借りまして、有り難うございます。


 
| ブルース・エトセトラ | 08:42 | comments(6) | - | pookmark |
『ロジョウ』の記録。シリーズその4。
JUGEMテーマ:音楽


 ロジョウ、ロジョウとしつこいですか?

 

 こんなに熱を込めて書く小生の立場はいかほどのものだったのかということですが、私も自前のバンドがありーそれが、SPECIAL AGENTSですがー平日も精力的な「ゲットー&チヒロ」組とは違い、主に日曜日のナンバが割当でした。

 にも関わらず、他の仲間の演奏時間には、ほぼ必ず顔を出し、観戦と偵察を兼ねていた。
 月に一度の松屋町にあったバー・サブタレニアンズでの主宰ライブと連動していた事もあったというのは口実で、楽しい事が無いかと動向チェックしていたのだ。


 ナンバエイジェンツ
 エイジェンツ難波路上

 画像は、真冬のナンバにてエイジェンツ・・・
 日付は2000年2月20日とある。今時分の気温だろうから、ご覧の通り立ち止まる客は、お寒い状況・・・。
 こんな仕打ちを受けても、「また来週!」と集合するのです。

 ナンバモノクロ江上
 こうしてみると、ナンバのネオンが今でも恋しく思う。
 当時のエイジェンツ布陣は、ギターが白金ユウゾウ&江上マサノブ、ハーモニカにアイパー大西、ピアノには裏山マサユキ、ベースに今井直人、そして小生がドラムという大所帯でした。
 


 ナンバモノクロ



 カンパ箱タカギマン
 いっこうに売れないフライヤーを数えているのか?カンパ箱の中身を意地汚く数えているのか?どうやら寒そうなボクの背中の一枚。


 ナンバのビルの壁面にある温度計が、−4度を計測した夜もあった・・・。


 
| ブルース・エトセトラ | 08:16 | comments(0) | - | pookmark |
『ロジョウ』の記録。シリーズその3。
JUGEMテーマ:音楽


 まずもって、最初に述べるべきことがある。

 『ロジョウ』での演奏という行為自体は、法的に容認されていないということ。

 あの公的権力との間には長年、軋轢、衝突、論争がひっきりなしに続いたことは事実であります。

 通行人の方にも多大な迷惑をかけていた事も否定しません。

 当時の血気盛んな時は、こんな心情を思うよりも演奏したいという欲求が遥かに上回っていた為、反抗心が充満していましたが・・・。

 その心情の心強い味方が、足を止め、耳を傾け、小さな拍手を下さったその場を偶然に通行途中の人。


 演奏しながら、いつもその輪を見渡し、今夜の演奏の善し悪しを計る材料にしていたものです。

 最盛期は、3時間4時間ぶっ続けの演奏というのは、茶飯事。
 「ロジョウ」向けの曲の選択も考える必要もあり、その選択を間違えると、すぐに飽きられて、その場を立ち去られてしまうのです。

 
 梅田もナンバも駅へ向う通路やロータリーを主戦場としていた為、行き交う人の波にはそれこそ色んな立場の人の目に触れた訳です。

 家路に急ぐ一杯ひっかけたサラリーマンやOL、学生もいれば、同じように音楽を生業にしている人、宿無しのおじさん達は実に好意的だったし、マスコミ、吉本芸人や著名な俳優さんや文化人なんかを発見したことも多々あった。
 ついでに演奏余興の依頼を受けることもしばしば・・・。(一度、どこぞのお菓子屋の社長に、ワッフルの着ぐるみを着てCD出さないか?と提案されたが、丁重にお断りした)

 一方反対に、迷惑な視線を受けたことも明白な事実で、それは冒頭の理由に起因し、一切反論の余地は無い。

 とにかく、前記事まで書いたように広がった、『ロジョウ』の輪は、何度も季節をまたいで日課となったのです。

 そんなロジョウの風景が残っています。

 難波路上バス停
 ナンバでの聴衆の輪。

 どこの馬の骨かも分からない私たちの演奏に耳を傾けてもらったことは、時間が経つにつれ、有り難たいことだと痛感する。

 難波チヒロクインテット
 梅田中心のゲットーパンチと活動を二分していたのは、ナンバが主戦場、栄チヒロ率いる「チヒロクインテット」
 京都のハーピスト、ナース・那須の在籍時。本来ドラムは、アンクル西野ですが、どうやらこの夜は小生が代打の模様。


 ナンバチヒロクインテット

 この頃になると、それぞれの組み合わせに対してご贔屓さんも出現し始めてくることになり、同時に追随する他のバンドも梅田やナンバに現れる現象が起き始めてくるのです。

 いわゆる、場所取りの始まりであります。

 これは、過酷を極めました。

 


| ブルース・エトセトラ | 07:46 | comments(0) | - | pookmark |
『ロジョウ』の記録。シリーズその2。
JUGEMテーマ:音楽


 『ロジョウ』シリーズ・・・。

 ここに対する思い入れは、小生のみならず、参加した面々にとってもそれ以上に深いものではないか?と勝手に思っている。


 ゆえに、長々と書いてしまう事になることをあらかじめご理解下さい。

 なにしろ、その場に偶然居合わせたある方が、10年も経って、その時の思い出をメールで語ってくれたのです。嬉しいという単純な言葉しか見つからない自分が情けないですが、拙い演奏の垂れ流しだったにも関わらず、記憶に留めてくれていた事は、感動せずにはいられません。

 
 前記事にて、『ロジョウ』を成立させる原動力だった、発電機が「御釈迦」になってしまった。

 「さ〜て、どうする・・・」

 おかげでライブハウスなどでの演奏にもほとんど興味を持たなくなっていた矢先の出来事・・・。

 高価な発電機を再購入するしか手立てが無いことは判りきっていた。


 しばらくして、痺れを切らして踏ん切りをつけたBOOGIE MACHINE自腹のどでかい発電機が導入された。
 これを期に、固定少数メンバーにて活動するという、形態に『ロジョウ』は転じる。

 BOOGIE MACHINE組には、岡部キング、アイパー大西ら、(のちタカサイトウが加わり)、ゲットーパンチ(岡部キング命名。実は初代も存在することは余談)に発展。

 小生も遅れて自腹にていくつか機材を揃え、SPECIAL AGENTSにてロジョウ演奏開始。

 栄チヒロ率いる面々、京都を根城にしていたUNCLE-T.BLUES BANDも、京都三条京阪ロジョウへと分裂した。98年頃か?

 最も行動力があったゲットーパンチは、梅田阪急横歩道橋下に進出。のちに、増え始めるロック系バンドらとの激しい場所取り合戦の始まりともなる。
 難波高架下
 画像は、深夜の演奏終了後のゲットーパンチだろうか?

 難波高架下演奏
 99年9月の日付が写真にある。

 この季節の演奏にはビールとダンスが不可欠だった。


 観客インドネシア人
 なぜか常連さんもどこで音を聞きつけるのか、気づけば姿を見せる。
 そういえば、彼らもいつも阪急側で寝そべって最後まで聴いてくれた。


 演奏に関係の無い小生も居ても立ってもいられず、観戦に出向き、踊り、チラシ撒きを手伝い、トラブルの際は真っ先に処理に駆けつける日々。

 難波高架下ゲットーパンチ

 ゲットーパンチの集客ぶり、盛況ぶりは羨ましく、内心実は対抗心でメラメラ燃えていたのです。

 ゲットーパンチアイパー岡部
 

 
 まだまだつづく・・・。
| ブルース・エトセトラ | 13:56 | comments(2) | - | pookmark |
『ロジョウ』の記録。シリーズその1。
JUGEMテーマ:音楽


 さて『ロジョウ』の記憶を残された写真から手繰り寄せながら、書きます。当時を知る人がここにいるならば、嬉しい。

 現在、小生もそうだが、その場の風景を収める手段はカメラであるが、おおよそ小型で軽量のデジタルカメラが九分九厘でしょう。不必要なモノはその場にて消去。現像する必要も無く、パソコンの画面で確認し、三次元化される肌触りに乏しい。
 ところが、わずか10年さかのぼれば、まだフィルムの時代な訳で、ここに掲載する何枚かの写真も全てがそれである。

 現像されて手元に届くまで、出来の不安と期待の時間が、写真の醍醐味であったはずだ。
 撮影者の家人も当時は、『ロジョウ』に仕事帰り、習いたての一眼レフカメラ片手にパチパチと勝手に試していたのでしょう。

 被写体となっていた私も含めた仲間のツヤツヤした笑顔は、微笑ましくもあり、また恥ずかしい代物です。正直、それなりに年齢を重ねた証拠品だ。

 
 突然届いたメールの添付画像の日付は10年ほど前の99年当時だと思われ、その頃の写真を中心に引っぱりだしてきた。

 その前に、まずは『ロジョウ』の発端を薄らとある記憶から思い起こしたい。間違っていたならその頃を知る方、ご指摘下さい。

 93年か94年か、梅田ナビオ阪急横断歩道あたりに端を発する。

 知り合ったばかりで当時20歳そこそこのはずの岡部キング(まだこの頃は、キングのあだ名は無い)が、自前の発電機と機材を持ち出し、地元の仲間達とバンド演奏し始めた事が最初の筈である。

 まだ路上演奏といえば、長渕剛や尾崎豊系の弾き語りや、ジャズ系、ブラスバンド系が多かった。

 その噂を聞きつけ、なかば便乗した形で、ナビオ前に仲間が集った。いわゆる入れ替わり立ち代わりのセッション形式で輪が広がった。

 95年のある晩、10人以上の警官隊に取り囲まれ、曾根崎警察に連行という事態が発生し、やむなく撤退、難波の住友銀行前歩道に転じた。
 ここにその頃の風景と思しき一枚を掲載しよう。


 96年12月の日付がある。ベースは今やプロジャズベーシストとして活躍中の東ともみ嬢も常連参加者だった。
 http://www.geocities.jp/basstomomi/
難波高島屋
 被写体のメンバーは、ギターに長岡周平&岡部キング、ベースはそのともみ嬢、ドラムはどうやら小生と思しい。
 背景には、機材搬入用に大活躍した初代ブギマシン号の軽ワゴンが鎮座する。

 
 今思えば、青二才の拙い演奏の連続だったろうに、雨の日はブルーシート持参でしのぎ、蒸し暑い夏の夜も、凍える真冬の晩も、狂ったように仕事帰りに集まる日々が始まったのです。


 ところが、その後、岡部キング所有の発電機が激しい酷使により、演奏中に火を噴くというあわやの惨事に見舞われ、一時的に『ロジョウ』撤退を余儀なくされた。

 そして、しばらくして事態は急転するのです。


 続く・・・。

 

| ブルース・エトセトラ | 12:50 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Troubles
Troubles (JUGEMレビュー »)
John Embry & Sylvia

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Chicago's Young Blues Generation
Chicago's Young Blues Generation (JUGEMレビュー »)
Billy Branch,Lurrie Bell & Sons of Blues

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Good Houserockin'
Good Houserockin' (JUGEMレビュー »)
Brewer Phillips & Ted Harvey

RECOMMEND

サン・オブ・ア・ガン
サン・オブ・ア・ガン (JUGEMレビュー »)
キャリー&ルーリー・ベル

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

watch

facebook

天気予報


-天気予報コム-

本棚

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS