スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
26年目の笑いと涙。
JUGEMテーマ:日記・一般


 『想い出』
 と、ひとくちに言っても、その形は異なる。

 
 引き出しの隅に人目に触れない様にそっとしまってあるもの、あるいは、いつでも手の届く本棚に並べているもの、埃にまみれて乱雑にしてあるもの・・・

 先日の土曜日一日は、そんな色んな想い出の中にあって「大事に額に飾ってあるもの」

 その日々から足掛け26年の月日が流れている。


 中学生活3年間、盆と正月以外夕暮れまで共に汗した仲間との再会だった。

 入学した12歳のボクはバスケットボール部に入部した。
 理由は同級生達よりも少し背が高かったという単純な動機だ。

 
 同時に一人の先生が転勤でやってきて、顧問となった。

 只の部活だと考えていた同級生達は、間もなく放課後は震える事になる。

 ブラウン管から飛び出て来た様な「熱血先生」は、地域でも全く無名の我が中学校バスケットボール部を「全国大会に連れて行く」と入部間もない素人同然の少年達に堂々と宣言したのだ。

 大半の新入生は、バスケットシューズさえ持っていなかった。いなかったというより、週に僅か2日、それも体育館の半面だけを使用出来るという環境しかなかったので必要がなかったというのが正しい。

 50人以上居た1年生は夏休みになる頃には30人程に減っていた。猛烈な練習のせいである。

 体育館が使えないから、運動場に2つあるゴールを並べてゴムボールで練習しかない。
 ボールを触らない時間は、ひたすら走り、腹筋背筋のサーキットトレーニング、おんぶをしてダッシュ、雨の日は、校舎の階段を何往復も上り下りする。
 今は環境がそうさせないだろうが、当然水など練習中に補給なども許されなかった。

 「もう辞めてまおう!」何度思ったか数えきれない。

 しかし、そんな弱音も13歳の少年達に鬼の先生が植え付けた暗示が、いとも簡単に打ち消していく。


 キツい練習なら他校も似たり寄ったりだったのかもしれないが、違ったのは結果がついてくることだった。
 
 『勝利』という思わぬで対価である。

 この痛快さは、多感な中学生の単純な思考回路を一本にまとめた。

 最初はとんでもない暗示だったことが、3年生になった時は、明快な目標として部員の全てが共有している。この時下級生も含め100人を超える大所帯となっていたのだ。

 
 暗示は現実になり、地方大会から負け知らずで、全国大会に出場し、1次リーグも難なく勝ち抜き、トーナメントの準決勝まで進んだ。
 3年前の暗示が、すぐ目の前にある。

 運良く小生も100人の代表としてユニフォームを着てベンチに座らせてもらっていた。


 あの1983年の暑い夏。
 開催地山梨県の河口湖は直前に吹き荒れた台風被害で氾濫していた。


 試合結果は、神奈川県のチームに1点差で負けた。ちなみにその学校はその後の決勝を快勝して優勝旗を授与された。


 泣きに泣いた。誰彼なくみんなが泣いた。鬼の先生も輪の中で泣いていた。

 今年42歳になるが、あの悔し涙を越えるものをこの先の人生で流すことがあるだろうかと思う。


 

 あの日から26年、鉄拳制裁は当たり前だった鬼の先生が定年を迎えた。

 一期生の小生以降、先生の手腕によって、同じ過酷な練習を耐えた後輩達は、輝かしい記録を残した。10年連続全国大会出場、その間全国2連覇を果たした。

 同期には、日本リーグで活躍した男もあるし、審判員、あるいは指導者として今も活躍している後輩達も多数輩出している。


 転々バラバラになった1期から17期生達が「先生を囲む会」に集った。

 母校のコートで、26年ぶりに懐かしい顔との試合を楽しんだ。当然ながらメタボなお腹を揺らしてである。
 


 場所を移した囲む会は、一瞬にしてあの時代に戻り、同級生達と尽きることない想い出話に終始賑やかである。
 何発のビンタや尻を蹴り上げられたかも数えきれない鬼の先生は、柔和になって微笑みながら、昔のエピソードのひとつひとつを記憶しておられた。(ただ、余りに風貌の変わり過ぎた小生だけは仕方ないかな気づいてもらえなかった。同期生も同様な反応である。)


 宴も終わる頃、先生がスピーチのマイクを握りしめながら声を詰まらせて泣いている。

 小生の目からも言いようのない涙がボロボロとこぼれた。隣の同期生や後輩達も同じだったはずである。

 いつの間にか、次回開催へ向けた幹事の一人に小生も名を連ねる事になった。

 

 飾ってあった想い出にもう一枚追加が出来上がった。
 4つ下の実弟も同じ経路を辿っているので、翌日、アルバムを付き合わせながら続きをやった。


 おかげで26年目の笑いと涙と代償は、太ももの鈍い筋肉痛としゃがれ声となって、
 清々しい余韻となって残っている。
 
| 友達の輪! | 00:02 | comments(8) | - | pookmark |
深夜のジャムのち白い家のケーキ。
評価:
James Cotton Blues Band
Universe
¥ 3,860
(2003-07-01)

JUGEMテーマ:日記・一般


 ブルースに限らず、音楽全般についてライブの善し悪しというのは絶対条件だ。

 決してスタジオ録音が悪いという意味合いではなく、ライブは常に生き物であり、演奏者の思いや意図する音を感じるにはそのアーチストのライブというのは絶対外せない。

 3月3日のおひな祭りに、存命するシカゴブルース最後のハーピストとも言えるジェイムズ・コットンがやってくる。
 実は前回のライブも観る事を逃し、今回のライブもまだチケット未購入である。

 「ブルースファンを自称するなら、観ないなんて許されない!」と、方々からの声が聞こえてきそうだが、お家事情にも色々ある。悩ましい。

 そんなこともあって土曜日は、CD棚から久し振りにジェイムズ・コットンの名ライブ盤、『Live & On the Move』をしっかり聴いて、盛り上がった。

 ケン・ジョンソンのドラミングは、あらためて語るまでもなく、驚異的人間バナレの代物で、この時期のコットン・バンドの曲をハーピスト諸氏から持ち出されると、半分ギブアップである。

 ・・・はて、コットンやっぱり観たいですな。

 


 そのコットンのスーパー・ハープと合間の雄叫び「イエース、イエス」に心も躍りながら、2週間ぶりのシカゴロック・ジャムセッションに向かった。

 近頃参加者が減っているという事情もあり、何人かにメールで誘いを掛けたものの、なかなか都合が合わない。

 11時過ぎにドアを開けたら、もうすでにジャム・ホストの久米君がいつもの様に腰をくねらせギターを掻きむしっている。隣にはお久しぶりにチヒロ君もいる。居残り組の常連のお客さんもチラホラ。
 
 ちなみに久米君は3月頭の週末に東京でライブが2本控えているようです。東京方面の皆さん、よろしゅうお願い致します。

 この夜の正規ライブから居残って叩いてもらっていたドラムのK氏も「最終電車に間に合わへん」と急ぎ撤収され、残されたのは僅か4人。
 

 カウンターにまどろむ常連さんとほぼ同数となった。

 小生は、さっきのケン・ジョンソンのブギーでやる気満々興奮状態だ。

 前述の二人に、ベースのアキトとボク・・・この4人で2時まで演奏する。ライブの様な変な緊張感も交えながら汗をかく。
 

 途中しばしの休憩のBGMは、ソロモン・バーク。意外にS山マスターは気が利く。

 6月に大阪公演が決定した今年のJapan blues&Soul Carnivalのヘッドライナーだ。
 こちらは是が非でも観たい。

 その間の会話は、ルリー・ベルとティモシー・テイラー談義で盛り上がった。ティモシーの話に飛んだので、ジャム再開後は、ケン・ジョンソンからティモシーになりきって叩いたつもり。



 それから12時間後、ふたたびチヒロ君と会う事になっている。

 ブルースを離れて、日曜日のお父さんに戻って一家揃って我が家にやってきた。

 実はグルメのチヒロ君が手土産に持参してくれた帝塚山『白い家』のパンプキンとサツマイモのケーキを早速頂く。手作り感とあっさりレアチーズが程よく彼が推奨するのも納得。
 

 変わって我が家のおもてなしは、子どもが喜ぶたこ焼きパーティー。
 

 約120個のたこ焼きをくるくる回す。

 あっと言う間に6時間が過ぎていてビックリ。楽しい一日で大いに笑った。

 肝心のチヒロ君との3月6日の二人だけのライブの打ち合わせは、我が家の喫煙所でもある玄関先でひと言ふた言交わしたのみ。

 YouTubeにボクがアップしている前回の二人のライブの映像も初めて観たらしい。

 「こんな、感じで、ま、やりましょう。」それ以上彼から何か言葉を出そうと思わない。

 さっきも言った通りライブは生き物である。だから面白い。たこ焼きを串で回しながら、実は二人ともそんなことを考えていたのかもしれない。


 チヒロ君がもうたこ焼きのネタも無くなる頃、じみじみ語っていた。

 「やっぱり、塩とマヨネーズやチーズ入りも美味いけど、蛸・ソース・青のり・かつお節の組み合わせが一番やね。」

 そうそう、ストレートにいきましょう!

 

 
| 友達の輪! | 01:15 | comments(2) | - | pookmark |
続・親バカ日誌。
JUGEMテーマ:日記・一般


 ここを時々覗いてもらっている方々には、もはや説明不要な小生の親バカぶり。
 それも典型的なもなので、お恥ずかしい。

 友人達に送信する携帯メールも要件の末尾には、
 「ところで、いつウチのん見にくるん?」なんてついつい付け足しを入力してしまう。

 

 土曜日、そんな友人達一堂が我が家を訪れてくれた。

 
 大人8名に加え、子供は生後7ヶ月の男子、1歳になったばかりの女子、もうすぐ3歳になる男子、そしてこの日で生後54日目を迎えた我が息子。

 築ウン十年、木造平屋、借家の6畳一間の居間は、床が抜け落ちないかと心配するほどの人口密度。

 前にも言ったが、賑やかなことが大好きな小生にとって、この肩が触れ合う距離は嬉しい。


 数年前なら考えられなかったお互いの振る舞いとその風景である。

 自由を謳歌していた頃を相互に知るだけに、今の制限された生活をどうやり過ごしているのか素朴な疑問だ。

 円卓には、差し入れのケーキやたこ焼きに苺、狭い床には、おもちゃや絵本が散乱し、最後まで収拾のとれない一日となった。
 


 嵐が去った後に残された3人。

 なんとも言えない余韻を名残惜しく感じながら、何度も胸に抱いた我が子を見つめるのでした。

 「オマエが、いっちゃん可愛いぞ」


 きっと、帰路の途中の友人達も同時にそう思っていた事でしょう。


 今日は、数日前の帰宅後、オムツから漏れたウンチで見事に汚されたスーツを夕方クリーニンング屋へ引き取りに行く。

 笑って済ませられる自分がとても可笑しい。


 以上、親バカ日誌、多少控えめに書きました・・・・。

 
 
| 友達の輪! | 23:55 | comments(0) | - | pookmark |
『北京ダック』を囲む晩餐
JUGEMテーマ:グルメ


 昨夜、堺筋本町にある北京ダックが美味しいと評判のお店にて晩餐会。

 ちょっと奮発して長城コースってのを選択した。(もちろん割引クーポン持参)

 
 10年来の友人にお祝い事が控えているとの報告を受け、前祝いを兼ねた会食。

 わずかな時間ながら、楽しく喋り、大いに食べた。


 だいたい本格的な北京ダック自体、生まれて初めて口に入れた。それだけで少し興奮して、行儀悪く喋り続けていたらしい。
 北京ダック

 北京ダック2

 角煮もトロトロ、フカヒレスープなんかも出てきて値段の割には「おいしゅうございました。」
 角煮


 おめでとうの言葉はまだ少し気が早いので、その日の為にじっくり熟成させておきますね?


 幸せな人を見るのがボクは大好きです。


| 友達の輪! | 22:10 | comments(2) | - | pookmark |
しあわせを呼ぶ3つの泣き声。ここからが本編。
JUGEMテーマ:日記・一般


 さて、ここから今夜の本編。

 日曜。妻の古い無二の親友達が一堂に会する。

 妻の無二の親友なのだから、彼女達はボクにとっても友人である。


 ミナミで待ち合わせ。再会するメンバーのうち二組がベビーカーを押して来た。早速この日最初の笑顔が生まれる。

 中華をつつきながらの雑談は尽きない。
 


 ひとしきり近況を語ったところで、場所を移動。実は、もうひとりつい先日、無事に出産を終えたばかりの友人宅へドカドカお邪魔しようという訳だ。黒門市場で手土産を物色して向かうことにした。


 玄関のベルを鳴らし、ドアが開く。

 満面の笑みで出迎えてくれた。その澄みきった微笑みにドキッとした。


 ここからは、リビングは保育園状態に突入する。

 大中小揃った3人の子供達をネタにして、再び尽きぬ話に点火する。

 ビービー、キャーキャー、ニコニコ、グーグー、子供達の表情は数分ごとに変化し、その度にお母さん達がすかさず手早く対処する。

 決して男どもには成せぬ技である。


 いつしか窓の向こうは雨模様となったが、雨音をかき消すような3つの泣き声の中に、たくさんのしあわせを見た気がした。
  
 そして大人の誰もが笑っていた。


 とても楽しい日曜日になって、今日の仕事の最中もなにやら体がフワフワしていた。


| 友達の輪! | 23:59 | comments(2) | - | pookmark |
しあわせを呼ぶ3つの泣き声。
JUGEMテーマ:日記・一般


 まだ出勤日が残っているというのに、すっかり盆休み気分の週末のお話。


 どんな体勢をとっても、この蒸し暑さから逃れる術は無い。

 どんよりと部屋で寝っ転がっているくらいなら、表へ出る勇気を持つべきだ。

 土曜日の閑散とするビジネス街へふらふら出掛けてみる。


 歩いているうちに、無性にカレーが喰いたくなった・・・。

 『カレー』の看板をしばらく探し歩く。


 色褪せ、萎びたインド国旗を見つけた。ランチの時間に間に合ったようだ。メニュー越しに店内の様子を伺うと、手持ち無沙汰の店主と目が合った気がした。入らざるを得ない。


 端っこのテーブル席に座る。

 「はじめて?」水を運んできたのは大阪弁訛りのインド人店主。

 「今日のカレーセットって何?」聞き返す。

 「キーマカレーやな。」

 「じゃ、そのセットと、チキンカレーお願いします。」


 そそくさと厨房に戻った店主は、せっせとナンの生地を延ばし始める。BGMはビデオで流れるインド映画と、彼が叩き出したナンの音。

 ほどなく運ばれてきたランチプレートをがっつく。

 カレー

 ひとまず腹の虫は治まり、本屋へ涼みに入る。

 本屋で過ごす時間のあの独特の高揚感は何だろう?
 興味があっちこちに動いて制御不能になる。雑誌数冊と一冊の小説を買う。

 小説は、城山三郎著、『官僚たちの夏』

 現在毎週日曜の晩御飯どきに連続ドラマ化されているものだ。連続ドラマを観ること自体が久し振りのことである。
 イケメン達の好いた惚れたも無ければ、毎週登場人物の誰かが謎の死を遂げるなんて回も無い。もちろんこのドラマが終わっても『なんちゃら〜The Movie』なんてことも無いだろう。
 そういう意味では近頃珍しい、男達の硬派なドラマと言え、なかなかに見応えがある。

 結局夕刻まで本屋に居座ることになった。おかげで汗ひとつかかずにしのいだわけだ。

 
 翌日は、ご無沙汰の友人達家族と集まることになっている。数年前とは劇的に状況が変化しているのだ。

 タイトル本編は次のページにて話そう。

評価:
城山 三郎
新潮社
¥ 580
(1980-11)

| 友達の輪! | 23:57 | comments(0) | - | pookmark |
おめでとう!UNCLE-T!
JUGEMテーマ:音楽


 何に急かされるワケでもなく目覚め、寝床の上でそのまま大の字になり、全身で背伸びをする。
 いつまでもこの一瞬が続けばいいと無理な夢想をする。

 春ですね。正しく。

 
 そんなとろける週末、京都洛東にて、ある宴に招待された。

 夜な夜な集まるブルース仲間が、慣れない正装で一堂に会する。


 宴の中心は出会った時から永遠の後輩分、
 某アンクルT君の結婚披露パーティー。

 ボクとは担当楽器を同じにする彼だが、性格もそのスタイルともに正反対だと勝手に思い込んでいる。

 不器用なのをいい事に研究と練習を積まない癖に一人前な弁は立てるボクと違い、彼の練習熱心さと来るもの拒まない大らかな姿勢と余計な御託をを並べない寡黙さは、ジェラシーすらおぼえる。

 ともかく、新しい人生のスタートを切る彼らを心から応援します。


 二人の承諾を得ず、少しご報告します。
 三条京阪土下座像前の路上ライブで一時期、打ち上げ花火の様に女の子の輪が取り囲んだUNCLE-T.BLUES BANDの学生達も晴れて全員身を固めてしまいましたよ。

 迎賓館
 
 京都らしい古い由緒正しき邸宅まるごとを貸し切ってのパーティー。


 式場
 約70名が集まった。
 ところで、途中何度も頭を低い鴨居にぶつけた。その滑稽さを知らない人にまで笑われる。
 笑いの一端は、おおかた想像出来た。ボクの特徴ある容姿風貌のせいだろう。

 加藤明里氷上
 座席表に導かれると、明里師匠、マッドハープ氏、ブギマシン氏と同席だった。完全に年配者グループに属しているらしい。(笑)
 もうずいぶん実現しないこの3ショットから、昔に残る記憶サムズ・レコード前の輪の外に佇む臆病だった自分を思い浮かべた。
 
 まさかの長い付き合いになりますね?


 食事
 すぐ横の中堅組の3人は、遮二無二皿と格闘中なり。
 ヨシ、アイパー、岡部キング。
 
 シカゴロッカーズ
 シカゴロック勢もこの日は、一張羅。
 「ちゃんと、スーツ持ってたのね?」


 
 以前に記事にした通り、テクニトーン奏者とブルース軍団との無謀な共演が、宴の間終始続いた。
 http://takagiman.jugem.jp/?eid=579
 当事者達は課題曲の不安に飯も喉を通らぬ緊張する者もあれば、どこ吹く風で間違いをなすり付け合う者もあり、と大いに盛り上がる。
 テクニトーン



 足りない幾人かの連中は、その足で日が変わったシカゴロックに勢いなだれ込み、たっぷりガーッゴ、ガッゴと休憩無しにブルースをやった。
 
 ボクもその一人に加わる。

 

 「みんなの屈託のない笑顔が、何よりの特効薬」である。


 あらためて、アンクルT君へ。

 末永くお幸せにね!


 一夜明けた我が家には、お土産の手作りブーケが飾られた。

 ブーケ
 
 
| 友達の輪! | 17:48 | comments(0) | - | pookmark |
インド人はエラい、班長はツラい。総括。
JUGEMテーマ:グルメ


 プレート配布式バーベキューにしてから、傍目には、一見炊き出し集団に見えるかも?

 カレープレート
 やっぱり取り損ねたカレープレートの画像は、友人から拝借。味は食べた人が判断してね。


 集まったのは、ブルース仲間が半分、友達、友達の友達、そのまた友達といった具合。

 この時点で、もうボクの自己満足は、ほぼ完結したと言って良い。あとは、勝手にやってもらう。
 花見


 友達の輪が広がって欲しい。

 人は財産だなと、毎年そんな想いが強くなる。

 色んな人の言葉が聞きたい。考えが聞きたい。そこに正否は要らない。

 寝て、起きて、仕事をして、飲んで、喰って、寝るを繰り返す人生は、やっぱりつまらない。

 
 こんな自己満足に時間をくれた31人にありがとう。

 もう来年の献立を考えてしまう、
 このせっかちな性格だけは、どうやら少し変えた方がいいらしい。



 そうそうタイトルにある『班長はツラい』について。

 カレー混ぜ混ぜの真っ最中、ボクは、自治会の班長会議に呼び出されていた。
 今年度の班長に、なってしまった。

 生まれて初めての経験・・・。

 回覧板を回したり、自治会費や修繕費集め、冠婚葬祭にも関わらなくてはならない。

 会場に指定されたのは、我が母校小学校。
 役員のお歴々から、次々と声を掛けられた。
 幼稚園から中学を卒業するまで一日も休まず通った書道の先生と懐かしい再会。
 「リョーちゃん、勤めてんの?」
 どんな風に見えたのか?

 小さい頃の面影があるんだという。
 恥ずかしいやら、嬉しいやら・・・。

 班長

| 友達の輪! | 00:10 | comments(4) | - | pookmark |
インド人はエラい、班長はツラい。Part 3
JUGEMテーマ:グルメ


 2種類のカレーがひと段落したのもつかの間・・・。

 31人分の串焼きと牛スジコン煮込み準備にも着手。
 牛スジ
 牛スジ肉。まずは湯引きして、余分な油落とし。

 豚串
 豚バラ肉数キロの固まり。
 串刺しの全面担当は私。

 ちなみに牛ハラミ肉は、横隔膜ごと仕入れる。
 そのあまりにグロテスクな画像は、『不適切』と判断し、公開いたしません。
 スプラッタームービーも真っ青な効果音が戸外にも当然響いていた筈で、ご近所さんに通報されまいか?

 雨がシトシトと軒下に落ちる音など、ほとんど耳に入らない。

 結局、バナナ2本と食パンを口にしただけで、深い眠りに落ちる。


 早朝6時起床。普段は愚図る布団の中を1秒で跳ね起きる。ゴルフ好きが朝から張り切るのと同じだろう。
 
 前夜の雨が嘘の様に上がった。絶好の花見日和になる事に違いない。
 ブルーシートとカナヅチを自転車の前カゴに乗せ、いざ向うは、場所取りだ!時々、ブログに登場するあの公園である。バーベキュー広場に、数年前から桜が咲く。

 案の定、意を同じにした人がすでに好位置をキープ中。
 やり残した宴の準備のため、とんぼ返り。

 そんな自分に酔ってるんですね、きっと。


 桜

 お昼前、今年も集合バラバラにお花見バーベキューのスタート!


| 友達の輪! | 23:47 | comments(0) | - | pookmark |
インド人はエラい、班長はツラい。Part 2
JUGEMテーマ:グルメ


 もう、堂々公言してしまった、
 ボクの自己満足「花見バーベキュー」



 こいつが、『心地よい疲れ』の出所。

 今年もご多分に漏れず、週間天気予報に一喜一憂、まずはここで疲れる。けっこうヘトヘトになる。
 この間に、メニューをあれこれ思案するのだが、すんなりとは一致を見ない、また疲れる。

 傘マークがまだ確定的だった日、強行突破でメニューを決め、買い出しに動く。

 一方的、無差別に送りつける召集令状に応じてくれたのは、都合31人の面々。
 彼らの舌と胃袋を無事満たす事に思案する事も、もはや快感と言っても構わない。


 2009年春の献立は以下に最終決定した。
 金曜日の事である。
 傘マークが誰のおかげか、奇跡的に晴れ一色のマークに変わっていた。

 ダールクレシー(北インド風ダール豆のカレー)
 チキンティッカマカニ(タンドリーチキン入りカレー)
 ナンと白米付き。
 
 豚バラ串
 牛ハラミ串
 牛スジコン煮込み
 オレンジとアボカドのグリーンサラダ
 ピクルス(人参・大根・マッシュルーム・蓮根・キャベツ)

 酒は各自で持参。


 
 さてこれから少しその調理過程のあたふたぶりを紹介しますが、あくまでそれも自己満足の一貫であり、参加者達への苦労の押し売りではないという事を付け加えておきます。

 まず、レシピを見て、31人分の食材調達。聞いた事も見た事も無い文字が出てきます。インド直輸入の食材を扱うインターネット通販を見つける。
 これら無数のスパイスを日々使い分けるインド人はエラい!

 どの国の料理にも共通するのは、下ごしらえでしょう。
 ダール豆
 ダール豆(レンズ豆)。下茹でせず、水をたっぷり吸わせる。
 
 タンドリーチキン
 鶏モモ固まりは、タンドリーチキンに。
 こちらのカレーの決め手は、大量の生カシューナッツのペースト。

 平行して、狭い台所に充満するスパイスの香り。本町辺りの繊維問屋街ですれ違うインド人の体臭も納得出来る。換気扇からまだ雨模様の戸外に吹き出す異臭に苦情が来なければいいが・・・。


 カレー鍋
 出来上がりの想像もつかないまま、ただただレシピと舌を信じ、晩飯抜きで進行中。カレーらしき色になってきました。果たして、明日に間に合うのでしょうか?

 とにかく、焦がさぬよう、混ぜ混ぜ、混ぜ混ぜ・・・・。

 

 
 
| 友達の輪! | 22:46 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Troubles
Troubles (JUGEMレビュー »)
John Embry & Sylvia

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Chicago's Young Blues Generation
Chicago's Young Blues Generation (JUGEMレビュー »)
Billy Branch,Lurrie Bell & Sons of Blues

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Good Houserockin'
Good Houserockin' (JUGEMレビュー »)
Brewer Phillips & Ted Harvey

RECOMMEND

サン・オブ・ア・ガン
サン・オブ・ア・ガン (JUGEMレビュー »)
キャリー&ルーリー・ベル

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

watch

facebook

天気予報


-天気予報コム-

本棚

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS