<< ChicagoRock Friday Night Blues Jam&11th St.Blues Band | main | 週末の記録。ジャム〜ランチ〜ライヴ(ランチ編) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
週末の記録。ジャム〜ランチ〜ライヴ(ジャム編)
JUGEMテーマ:音楽



 先月、おかげさまでちょうど1年を迎えたシカゴロックの金曜日ブルースジャムセッション。

 遠方からご参加される方、自転車圏内のご近所さん、年齢も幅広く、顔見知りあるいは初対面同士で、「いっせいの〜でっ」でブルースを楽しむ。


 このジャムを機会にバンドが出来たという嬉しい話もあり、実際にボクもバンドの助太刀をお願い出来る出逢いに恵まれるという収穫もあった。


 とにかくホストという役割についてこの僅か1年余りの期間に、得るものがとても多かった。

 最初はぎこちなかったご挨拶も常連さんになられてからは、気軽に「毎度!」と世間話、別れ際にはがっちりと次回の約束の握手を交わせる仲ともなった。

 逆に、初めてお会いする方やセッション自体が初体験という方との接し方に不手際が無かったか、1年経って自問しているところだ。


 それはともかく、あらためて「ブルースが好きな人」がこんなに多いことを再確認する事が出来たのはとても大きな収穫だった。

 これまでは、陰ひなたの音楽愛好者として、どこか身を隠す様にしていた自分自身を反省したい。


 もうひとつ付け加えて言うなら、その愛好者に黙って自由に場所を提供してくれるシカゴロックの塩山マスターには、感謝のひと言だ。
 本人を前にしては到底言えないので、この場を借りてありがとうございます。

 これからもブルース、ソウルなどブラックミュージックと総称される音楽が人と人の間を繋げてくれることを願ってやまない。
 そして、ジャムという形式でその輪が少しずつ裾野が広がって行く事に微力ながら力添えが出来たらな、と思っております。


 来月も第3金曜日7月15日を予定しております。

 どうぞヨロシク願い致します。




 今月の模様を画像とともにちょっとばかりご報告致します。

 皆さんお仕事帰りのお忙しい中、

 文字通り老若男女集舞って頂きました!


 国際色、紅一点など喜ばしい風景もありました。

 

 

 

 

 

 


 そして、お決まりの集合写真。



 今月お集り頂いた方々は、

 ギター11人、ハーモニカ4人、ベース2人、ドラムス2人(小生も含む)、ヴォーカル、サックスで2人の合計21名でした。

 加えて一般の飲み客の方も含めれば、店内満員御礼でありました。
 (1階のガールズバーには勝利でしたね!)

 生ビールのガス欠という、仕事上がりの冷たいビールとブルースをセットで楽しみに来られた方々には、大変申し訳ない不始末をお詫び致します。




 翌日も出勤にも関わらず、やはり即帰宅という気持ちにはなれず、例の1階のお姉様方の出入りを目で追いつつ、マスター交えて数名でしばし雑談。

 還暦を過ぎた悪運強いマスターは、関西ブルースの最盛期を聴き手ととして見続けてきている人です。
 (そうは全く見えないけど)

 ボクたち後からの中間世代にとっては、実際に往年のブルースマン達の日本公演を目の当たりにしているだけに、「マディー?見たよ〜」とか「あ〜〜〜ボビー・ブランドの初来日も見たな〜〜」とか平然と言う訳ですが、いちいち「へ〜〜〜〜スゲ〜〜〜」とこっちは頷くしかない。


 「CDは聞かんねん」と力説するマスター。

 この夜も、マスターが居ない間に、レコード棚から引っぱり出して眺めるのでした。

 もうボクらはすっかり「CDで充分やん」の世代ですが、やはりアナログ盤の独特の手触りと匂いみたいなものは、CDには皆無ですね、確かに。

 カウンターには、74年のブルース雑誌が何気に置いてあります。

 こういう楽しみもここには今もあります。


 マスターのぼやきをひとつこの項の最後に記しておきましょう。

 「平日全然客けえへん!TAKAGIMAN宣伝しといて!」

 ・・・だそうです。お近くの方は是非御立ち寄ってあげて下さい。


 

 

 シカゴロックホームページ
 

| 最新ライブ・ジャムセッション情報 | 17:35 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 17:35 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Troubles
Troubles (JUGEMレビュー »)
John Embry & Sylvia

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Chicago's Young Blues Generation
Chicago's Young Blues Generation (JUGEMレビュー »)
Billy Branch,Lurrie Bell & Sons of Blues

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Good Houserockin'
Good Houserockin' (JUGEMレビュー »)
Brewer Phillips & Ted Harvey

RECOMMEND

サン・オブ・ア・ガン
サン・オブ・ア・ガン (JUGEMレビュー »)
キャリー&ルーリー・ベル

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

watch

facebook

天気予報


-天気予報コム-

本棚

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS