<< 我が家「大きなテーブルのある小さな家」 | main | 恩師と教え子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
『旧真田山陸軍墓地』の桜
JUGEMテーマ:地域/ローカル


 昨夜遅くにも大きな余震があったらしいですが、安眠出来る夜すら満足に取れない状況に置かれている被災者の方々の苦悩は遠く離れたここ大阪に伝わる情報以上に想像を超える過酷な日々を送られているのでしょう。

 今回の震災は、原発事故に端を発する電力問題や物流はじめ経済活動の滞り、自粛騒動、風評被害そして常に後手にまわる政府の対応の不確実さなど、二次的災害の要素を多分に含んでいて、復興への希望の一方で蔓延する不安感は出口が見えない状況に陥っている。

 力強い日本を取り戻すべく具体的な打開策を迅速に国民に示すリーダーシップが現政権には是非要望したい。

 

 桜が満開だ。

 今朝からの雨でせっかくの花びらが落ちるのが少し寂しいが、日本人がこの桜という花に特別な想いを寄せるのはこの潔さと裏腹にある儚さにあるのかもしれない。

 年を重ねるにつれ、桜を見る目が確実に変化している。


 ここ数年必ずとある場所の桜の木を短い時間だけ鑑賞することに決めている。


 そこはガイドブックにある様な桜の名所と呼ばれる類いの場所では無い。

 どちらかといえば、大阪市民でもあまり足を踏み入れないであろう土地かもしれない。


 ボクは何度も過去にこのブログで同じ様にこの施設を紹介してきたと思う。


 『旧真田山陸軍墓地』である。


 真田山とは、大阪の中心部・大坂城からほど近い上町台地の一角のこんもりと盛り上がった地形を言う。

 真田と付いているのは、大阪の陣で豊臣軍の先鋒として獅子奮迅の活躍を果たした、真田幸村の陣地が構えられていたからだという。

 ボクはこのすぐ近くの高校を卒業し、現在も偶然にも同地にて勤務している。

 高校時代は、その存在すらも知らず(教わらず)、30歳で今の職についた事がきっかけで、その存在を知る事になった。


 初めてその陸軍墓地に足を踏み入れた時、まるで異空間に突然放り込まれた様な気分で少し放心状態になったと記憶している。

 整然と階級別に並ぶ5000の朽ち果てた石造りの墓標に取り囲まれたのだ。


 この小高い丘の上の施設は、ぐるりを囲う様に公園や家々に遮られている。

 目立った表示も無い為に地元の人以外に気づく人はほとんどいないだろう。


 この陸軍墓地が造られた経緯を辿ると、日本の歴史の一部が浮き彫りになる。

 明治4年に施設が出来る。

 大阪で緒方洪庵主宰の適塾で学び、医師から幕末の志士に転じ、靖国神社の前身「招魂社」を建てた兵部大臣・大村益次郎(明治2年京都木屋町で刺客に襲われ、大阪にて没)の肝いりでこの地を陸軍墓地に定めたとも言われているが、第二次大戦後は無惨に捨て置かれていたことや、靖国神社からは分離されているといった経緯もあり、今も研究がなされている。

 http://www.jttk.zaq.ne.jp/bacas400/sanaboti/

 ちなみに納骨堂には、無数の遺骨も納められているのだ。

 現在は民間団体と地元ボランティアが管理・開放している。

 興味のある人は、是非一度足を運んで欲しい。


 ここの桜も昨夕、満開の花びらをいっぱいにつけた枝が西日を反射していた。

 

 

 

 

 


 決して名所の桜ではない。

 お花見客の宴も許されない。

 ただ去年と同じ様に、春の陽射しが墓標に陰影を映しだす。


 
| 旅・街・エトセトラ | 13:00 | comments(4) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 13:00 | - | - | pookmark |
コメント
ごぶさたしています。

ときどき、墓碑を眺めながら、
ここではもにかの練習します。

こないだ、「真田の抜け穴」の前で、
おばさんが、「えらいもんやなあ。お城まで掘ってあるん」
と感心してはりました(笑)。

| こにし | 2011/04/09 8:55 AM |
>こにし殿

 あそこはの桜には静寂な心の安定を求めに行きます。

 抜け穴ホントに信じてる人けっこうな数居てますよね?

 そうそうこにしさん少し前の仕事中に、あの辺りの某カトリック系女子高へ向かう路を歩いてはるのを見かけましたよ!運転中やったんでお声かけられずでしたが・・・。

 あの後も近くの公園でひと吹きしたんですかね(笑)?
| TAKAGIMAN | 2011/04/11 5:33 PM |
>TAKAGIMANさん

おお、見られていたとは(笑

たぶん、大手前方面に行くか、
そちらから戻るかしていたところだと思います。

あのへんは人通りも少ないので、
よく歩きながら吹いてますよ。



| こにし | 2011/04/13 8:41 AM |
>こに殿 
 
 適当な日当たりの良い公園もありますもんね〜気持ちよさそう。
| TAKAGIMAN | 2011/04/14 10:00 AM |
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Troubles
Troubles (JUGEMレビュー »)
John Embry & Sylvia

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Chicago's Young Blues Generation
Chicago's Young Blues Generation (JUGEMレビュー »)
Billy Branch,Lurrie Bell & Sons of Blues

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Good Houserockin'
Good Houserockin' (JUGEMレビュー »)
Brewer Phillips & Ted Harvey

RECOMMEND

サン・オブ・ア・ガン
サン・オブ・ア・ガン (JUGEMレビュー »)
キャリー&ルーリー・ベル

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

watch

facebook

天気予報


-天気予報コム-

本棚

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS