<< ナンバと梅田のアルバム。その3 | main | 雑記。ジャムはジャムでもリンゴジャム >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ナンバと梅田のアルバム。ひとまず総括
JUGEMテーマ:音楽


 ここまで、根気よく読んで頂いた方々、ありがとうございます。


 「いったい、なんのこっちゃねん?」

 そんな声が聞こえて来そうではありますが、『ロジョウ』の話は尽きません。

 それくらいに10数年の思い入れが詰まっているんだなぁと、あらためてアルバムに残る写真を選びながら(中には、掲載したくても障害のあるものも多数)、一人感慨に浸っています。

 
 この思いをもしかしたら、あの時、あの場所で偶然に通りかかり、立ち止まり、耳を傾けてくれた人が読んでくれたとすれば、それはそれは感激です。居たらいいな。


 そんな期待を抱きつつ、そろそろ総括をしたいと思います。


 『ロジョウ』は次第に公権力とのいたちごっこになってしまいます。

 始めた頃は、場所取りなど無用だったのが、次々に同じ様なバンドも続々出現するのでした。


 それもこちらのオンボロ機材とは違い、路上ライブハウスでもやるのか?というくらいに豪勢な仕立ての人達も居ましたし、こちらもたじろぐ程の爆音を鳴り響かせる人達も居ます。
 グルーピーやスタッフを引き連れた人達にはジェラシーを感じました。


 場所取り合戦と公権力との2つの闘いを強いられていくのです。

 これには正直頭を痛めます。

 何度も、撤退を余儀なくされることも増えてきます。

 
 まだ若かったせいもあり、衝突する事もしばしば・・・。

 仲間の何人もの指紋が南署の交番で採取されたことか・・・。ちなみにボクも相当多いと思います。悪い事すればすぐ足がつくかもしれません。


 そんな障害があればあるほどムキになるのが、若者の特権でもあり、ガソリンスタンドに寄っては発電機に数リットルのガソリンを注入する夜は継続していきました。

 

 何枚かめぼしい写真があったので、掲載します。

 99年頃の演奏風景の写真が多い事に気づきました。


 家人が(この時は違いましたが)、この頃毎日の様に取り囲む輪の中に居た事が昨日のことの様です。

 
 やはり枚数が多いのはゲットーパンチでした。

 ナンバと梅田を股にかけていましたから。

 画像はタカ・サイトウです。

 タカは、いつの間にか東京から大阪に住み着いてしまいました。『ロジョウ』がきっかけだったかは、本人に確認が必要ですが、きっとそうでしょう。
 

 そしてタカは『ゲットーパンチ』の一員となります。

 画像は5人になったナンバでのゲットーパンチ。

 

 サブタレニアンズで、女の子のお客さんに囲まれて演奏するゲットーパンチ。
 
 
 

 演奏終了時間の設定など無いに等しく、終電が無くなっても、観ている人が要求する限り演奏はやめません。それが平日だろうと、次の仕事の都合など誰も口にしないのが掟です。

 終演後に残ったお客さんとの交流、座談会も恒例でした。

 

 99年の秋の日付の集合記念写真。

 この夜はゲットーパンチの順番だったはずが、関係の無い小生やチヒロ君も中心に写ってます。ただ家に居ても気になって仕方ないので、偵察がてら遊びに来たのでしょう。

 
 

 がむしゃらに突き進んだロジョウにも、様々な事情が絡み合って、中断と再開を繰り返していく。

 最後までこだわり続けたのは、チヒロクインテットの面々でしたが、それも徐々に勢いを片っ端から打ち消されてしまうのでした。

 ボク自身も長い中断を経て、新たに若いメンバーを加えて、『ロジョウ』に再チャレンジを始めたのは、2005年頃からでしょうか?

 20代だったボクも40に手が届く年月が流れています。


 当初の物珍しさは、すでにありません。

 通行人は、「またか・・・」という目で通り過ぎていく。


 そんな、ナンバと梅田のロジョウ
 が、残してくれたモノは何だったのか?

 自問自答してみます。


 あれだけの人が円を描いて、耳を傾けてくれた理由を探しています。

 見ず知らずの人からの「がんばれや」の言葉、差し入れの瓶ビール、心付け、今も残してある感想用紙に残る暖かい激励の文字・・・。

 
 その有り難みを当事者が一番軽視してしまったのではないか?

 そんな悔恨の気持ちが、何枚もの写真から湧いています。


 現状、あの頃の様にロジョウへくり出す事には障害が多すぎます。


 最後に少し名残を感じ取れる映像が残っています。
 
 これも、仲間による撮影ではなく、たまたま通りかかったシカゴから来た観光客の手によって、YouTubeで配信されていたものです。

 2006年6月、岡部キングとボク、サイドギターとベースにまだ高校生の様な久米君と三木君が登場しています。

 閲覧件数が25,000回を越えているというのが、不思議な現象です。

 コメントも多数有り、国籍も様々。はっきり言って戸惑います。

 「こんなネットの力がロジョウの当初からあったなら・・・」とも思いますが、無かったからこそ味わえた感触や感情があったと思いたいです。
 



 本日4本目を書き終え、締めの言葉を考えましたが、見つかりません。

 まだ心の大部分に『ロジョウ』は終わっていないと思いたいのです。

 上の25,000という数字を遥かに越える人達が目の前をきっと通り過ぎた事でしょう。


 ふと、どこかで、

 「そう言えば、あの若者達はまだブルースやってんねやろか?」

 そう思ってもらったら、なんて幸せなんでしょう!


 としたら、

 遠くから叫びましょう!


 「おおきに〜まだしつこ〜〜く、ブルースやってまっせ〜〜〜」
| ブルース・エトセトラ | 23:55 | comments(10) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:55 | - | - | pookmark |
コメント
もちろん、何度か観てましたよ!
あ、そういえばお話もしましたね、、。
最後の方はわざわざ路上でやらんでも、みたいな
普通のバンドとかもやってましたね、、。
心斎橋のスタジオから帰る時、
近づくにつれ聴こえてくるシャッフルに、
心躍らされ足早になったものです!
僕も15年前位から一人で路上でやったりしてたんで、
すごく雰囲気とか匂いまで思い出します。
あの「生」の感覚って、
整理されきった現代には貴重な物だと思います。
良いも悪いもひっくるめて。

拝見してて、久々に行きたくなりました。
| ブギープリンス | 2010/10/29 1:56 AM |
>ブギープリンス殿

 よくなんばでお会いしましたね〜。
 今なら年の功でギター弾く?って素直に言えたんでしょうが、あの頃は尖がってましたねぇ・・・。

 一人でどの辺りでやってたんですか?僕等邪魔しませんでした?なんせ千日前超えても音が聞こえる位でしたから、ご迷惑かけました。
| TAKAGIMAN | 2010/10/29 7:51 AM |
TAKGMANさま、毎度です。
20代の当時、神戸からの営業帰りに梅田で見て、聞いたスウィングしてたバンドがあったこと記憶しています。
当時回りで私の聞く音楽を理解してくれていた人は皆無だったので誰にもその話はしていませんでしたが、当時は何かの宣伝でやっているのかと思っていました。姫路、神戸から帰るときに今あるか分かりませんが、梅田の歩道橋さきのCDショップで触発されCDを買って帰りました。
| ECO | 2010/10/29 9:41 AM |
ナンバに梅田と云えば私めにとっては近づき難い聖地のようなものでした。遠巻きに先達から音をそれこそ盗みに足を運んだことが思い出されます。私めの天王寺界隈での活動は線香花火のように短期間なものでしたけど。バンドは難しいので吹き語りででも街角に立てないかなぁ…などと時々夢想します。
| お | 2010/10/29 1:04 PM |
読ませてもらいました〜〜堪能しました〜〜!
今の自分を支える過去ってありますよね〜〜これがなかったら今の自分は無い〜〜みたいな!!
TAKAGIMANさんが大阪のロジョウでやられてた頃僕は神戸でやってました!
この頃のロジョウ生で見てみたかったです!!素晴らしい過去&思い出っすね!!
またよろしくお願いします!
| NABE | 2010/10/29 7:24 PM |
>ECO殿

 もしかしたらそのバンドがボクらだったかもしれませんね?

 誰かがほぼ毎日の様にナンバと梅田で音をまき散らしてましたから(笑)

 ボクの周りでもブルースというと哀しいかな怪訝な顔を今でもされますよ。
| TAKAGIMAN | 2010/10/29 7:47 PM |
>お殿

 そうですよね〜、よく観戦されてましたねぇ。アルバムにも、お殿の姿がたくさん写ってます。サブタレにも。

 「吹き語り」いいじゃないですか!ハーピストならではの仕事ですよ。伝えたい気持ちがあれば、バンドだろうが、吹き語りだろうが伝わるもんやと信じたいです。
| TAKAGIMAN | 2010/10/29 7:50 PM |
>NABE殿

 神戸でやってはったんですかぁ!神戸は今でも比較的ロジョウ演奏に寛大だと聞きますが、どうなんでしょうか?

 まぁ当時は、若気の至りで、突っ張ってましたけど、その日々が無かったら、今頃只のブルース好きのオヤジになってましたね。

 実は、立ち止まる若い女の子ばかりに目線を送ってました・・・ココだけの話(笑)
| TAKAGIMAN | 2010/10/29 7:53 PM |
正確には17年前に高島屋正面玄関あたりで始めて、
それから戎橋アーケード内、ひっかけ橋、アメ村三角公園、
天王寺歩道橋とかですね、、。
バンドの人らともあんまりかぶらなかったので、
音は大丈夫でしたよ。
不定期だったし、歌もほとんど唄わずに
初期マディとかカントリースタイルで延々エレキ弾いてましたんで、「こいつは何や」って感じでしたが。
セッションに行くようになって、
僕の事知ってる人いてた時は嬉しかったです!
たまたまおったアメリカのケーブルテレビの
黒人の女性レポーターにインタヴューされた時も嬉しかった!
唯一の自慢です。。。
| ブギープリンス | 2010/10/29 10:14 PM |
>ブギープリンス殿

 じゃぁほぼ同時期ですねぇ。

 まだ当時は、長渕剛的弾き語りなんかが主流でしたよね〜。なんばに時々大音量で長渕剛の音楽を流していた車来てませんでした?

 ブギマシン氏は、ジミー・リード全開で、高島屋ロータリーに入って来てました(笑)

 テレビ局の取材とかありましたね。いつだったか、笑福亭笑瓶とあのねのねのどっちかやったかが司会の番組のやらせ路上ライブに駆り出された事もあったなぁ・・・テレビってやつはは大嘘つきです!
| TAKAGIMAN | 2010/10/29 10:40 PM |
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Troubles
Troubles (JUGEMレビュー »)
John Embry & Sylvia

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Chicago's Young Blues Generation
Chicago's Young Blues Generation (JUGEMレビュー »)
Billy Branch,Lurrie Bell & Sons of Blues

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Good Houserockin'
Good Houserockin' (JUGEMレビュー »)
Brewer Phillips & Ted Harvey

RECOMMEND

サン・オブ・ア・ガン
サン・オブ・ア・ガン (JUGEMレビュー »)
キャリー&ルーリー・ベル

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

watch

facebook

天気予報


-天気予報コム-

本棚

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS