<< NHKドラマスペシャル『大阪ラブ&ソウル この国で生きること』 | main | ナンバと梅田のアルバム。その2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ナンバと梅田のアルバム。その1
評価:
Brewer Phillips
Wolf Records
¥ 9,294
(1998-06-17)

JUGEMテーマ:音楽


 冷たい木枯らし1号の北風が大阪でも吹いた。


 あまりにも唐突に。


 毛布を引っぱり出し、寝間着も上下長い物に慌てて変える。


 スーツの上着もクリーニングにも出せないまま、羽織って家を出る。


 ついこの間までカーエアコンは冷房だったのが、窓を閉め切っても少し身震いする。


 長い冬の小さな足音に戸惑う一日。

 心身ともに準備が整っていない。


 もう10年は愛用している長袖のアロハもこの調子なら出番なく終わるってしまうのか?


 小生の出社の行き帰りは自家用車。
 
 その往復の行き帰り、眠気覚ましの唯一の楽しみは、200枚程DJケースに積みっぱなしにしてあるブルースのCDを差し込む瞬間である。
 時には気分的に、ジャズやソウル、ファンクに傾く事もあれば、モータウンやガールズグループで爽やかに鼻歌まじりで出社もある。

 でも憂鬱な気持ちをスッキリと解き放ってくれるのは、今だブルースであることに間違いはない。


 木枯らしを後押しするそぼ降る雨で縮こまった身体を今朝温めてくれることが出来たのは、ブリューワー・フィリップスとテッド・ハーヴィーのシャッフルのおかげだ。


 帰路は、一転してJerry McCainのロッキンであり、いなたいハーモニカを聴きながらハンドルを握る。

 

 


 
 すっかりと日暮れが早くなったその道中、ふと脳裏にある光景が連続写真の様に浮かんだ。

 今夜はその記憶を振り返ることにする。


 「振り返る」ことは、決して後退を意味しない。

 ブログでも機を見ては、過去を振り返ってきた。

 今があるのは、その過去の出来事の積み重ねであり、偶然か必然だったかは、当時は気づくことが出来なかった種々の小さなエピソードが、巡り巡っていることを肌身で感じるからである。


 ではその連続写真とは、何か?


 小生のプロフィール欄をクリックして頂ければ、その過去の事情を書いている。

 『路上演奏』

 共通して皆、『ロジョウ』
 と言った。


 ボクたちが、そのロジョウに場を求めた時期は、定かでは無い。

 95年あたりから記憶があるが、実際はもう少し前、93年か94年の事だろう。


 こうして仕事を終えて、ブルースを聴きながら、真っすぐ家路へ急ぎ機材を積み込む、あるいはもう機材を積みっ放しという状況が果たして何年続いただろうか・・・。

 車の中は発電機のガソリン、アンプ類からの独特の匂いで充満し、車体は重みで沈み、後部座席のシートは傷づいていた。


 ひと言で片付けるとしたら、『しゃかりき』になっていたのだ。


 記憶では梅田のナビオ阪急前の三角州辺りが最初だったのではないか・・・?

 元々の首謀者はこのブログにも数多く登場する当時弱冠20代前半の知り合ったばかりの岡部キングだったはずである。
 彼の持っていた発電機の活躍はこのあと場所を転々と変え、活躍し続けるのであるが・・・。


 出逢い、仲違い、各種トラブル・・・と常に向かい合わせに『ロジョウ』への熱意を益々強めていく過程を綴ろう。
 これは、今の生温い自分を鼓舞する為である。


 木枯らし1号の身震いなど意に返さず、なんばや梅田に馳せ参じた日々、仲間と共有した記憶を・・・。



 
 
 


 

| ブルース・エトセトラ | 22:26 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:26 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Troubles
Troubles (JUGEMレビュー »)
John Embry & Sylvia

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Chicago's Young Blues Generation
Chicago's Young Blues Generation (JUGEMレビュー »)
Billy Branch,Lurrie Bell & Sons of Blues

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Good Houserockin'
Good Houserockin' (JUGEMレビュー »)
Brewer Phillips & Ted Harvey

RECOMMEND

サン・オブ・ア・ガン
サン・オブ・ア・ガン (JUGEMレビュー »)
キャリー&ルーリー・ベル

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

watch

facebook

天気予報


-天気予報コム-

本棚

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS