<< ターニング・ポイント | main | (仮称)シカゴ・リズム&ブルース・ライブ@REDHOUSE >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
月の法善寺横町。
 
JUGEMテーマ:グルメ


 なかなかに濃密で充実した週末を堪能する。

 土曜日は、あちこちに車を飛ばして、年末に控える人生の一大事へのカウントダウン準備。

 奈良の友人宅まで手土産を持って足を運び、家族総出で歓待を受ける。
 おまけに子育ての予行演習を実践させてもらう。我ながら、けっこう向いているのではないかと過信する。

 何はともあれ、待ち遠しい日々が続く。

 夕刻帰宅後は、つまらない(本当に)テレビ番組を消して、ルリー・ベルのDVDを鑑賞。何度観ても本編のハイライトともいえるマックスウェル・ストリートでの常軌を逸した猛烈なギターソロに胸を掻きむしられる。
 近年見事に復活を遂げたルリーの良い塩梅に角の削れた重い演奏ももちろん好きだが、この時代(90年代前半)の荒れ狂いぶりは、筆舌し難い。

 シカゴロック深夜のジャムはパスしようかと思っていたが、やはり居ても立ってもいられなくなって、慌てて着替える。
 外はずいぶんと冷たい風なようで、新調した(というか、あるルートからの貰い物。10年以上前のDIESELのデッドストック)厚手のジャンパーを着込む。

 30分程で到着するが、この間もひとつの楽しみなのだ。

 めいいっぱい気兼ねなく大音量でブルースを聞ける空間は今は一人っきりの車中しかない。
 さっきのDVDの余韻をかって、もちろんルリーのJSP盤を取り出して、フルボリューム。救急車のサイレンも聞こえないだろう。
 ベル兄弟でもう一度こんなフルアルバムの製作を切に願う。

 

 午後11時きっかりにシカゴロック到着。漏れてくる音から察すれば、もうセッションはスタートしている様子。

 ルリー・フリークの一人でもある久米君がいつものように体をくねらせ演奏中。

 彼に「タカギさん、やりましょ!」と言われるまでもなく、こちらもすっかり戦闘モードだ。

 神出鬼没のハーピストY氏が吹き、居残りのお客さんもギターで参加、ヨシも終わりがけに合流。お開きの合図があったが、物足らなくてヨシのギターと二人2曲やって、荷物をまとめた。

 帰路の30分は、気が変わってエルモア・ジェイムズに変更。今度も大音量でエルモアの肉声に吸い込まれる。

 「こりゃぁ、なかなか寝付けそうも無いなぁ・・・」と深夜の真っ暗な玄関をそっと開けるが、あっという間にタバコ臭いまま眠りに落ちた。


 開けた日曜日も予定がびっちりずいぶん前から決まっていた。朝風呂でシカゴロック臭を綺麗に落として、家を飛び出る。

 夫婦にとっての大事な記念日を数日遅れで祝う。

 夕方千日前で出血覚悟の晩餐。
 千日前
 
 法善寺横町の路地をぶらつき、予約時間までをやり過ごす。
 水掛け不動
 
 法善寺横町2
 
 法善寺横町


 晩餐は、法善寺横町で串カツ。

 新世界から進出してきた某店にあらず。
 
 梅田曾根崎を本店にする創業1946年の老舗『知留久』(しるひさ)
 知留久

 カウンターのみだが、庶民的串カツのイメージとは一線を画す。

 約40種の串カツから『おまかせコース』を迷わず選択。

 一手間も二手間もかけた小ぶりな串が、目の前に丁寧に運ばれてくる。
 串カツ
 美味いモノを食べた時の幸せも音楽同様筆舌し難い。

 20数本目のフォアグラ(!)まで堪能して、ストップ。清水から飛び降りる様な会計となったが、大満足して帰り際に職人さんに2度も「おいしかったですわ」と口にしていた。

 一度ご賞味あれ。目からウロコの串カツでっせ!
 http://www.shiruhisa.com/
 
 
 曇り空で唄にある様な月は拝めなかったが、足取りはいつもより軽かった。

 
| TAKAGIMANの胃袋 | 00:01 | comments(2) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:01 | - | - | pookmark |
コメント
ルリーのマックスウェル・ストリートえーですよねぇ。
よく映像で残ってたもんです。

当時、ルリーは、夜な夜なクラブにあらわれ、ギタリストをひきずりおろし、こんなことをやってはりました。嫌がる人もけっこーいましたが、聴いてるこっちは、「待ってました。」でした。他の人のライブでもルリーがあらわれるのを楽しみにしておりました。だって彼自身のギグが聴けないから。(笑)そーかと思うと、やっと決まった自分のギグにあらわれなかったりするんですよねぇ。(泣)

この串カツ屋さん、僕も大阪帰ったら行こうと思います。
| ka2 | 2009/11/19 2:05 AM |
>Ka2殿

 私の周りにもその時期のルリーを目の当たりにしていた仲間が多く、深夜のタクシーで同乗した某ハーピストは怖かったそうです。
 でもあの映像は筆舌し難いですね(笑)いつかのシカゴ・ブルース・フェスで指パッチンしながらSweet home chicagoを唄うルリーの映像があったと思うんですけど、あの指パッチンのシャッフルのタイム感をドラムの参考にしました。

 あ、法善寺の串カツ屋、女性を口説くのにもってこいです。
| TAKAGIMAN | 2009/11/19 7:50 AM |
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Troubles
Troubles (JUGEMレビュー »)
John Embry & Sylvia

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Chicago's Young Blues Generation
Chicago's Young Blues Generation (JUGEMレビュー »)
Billy Branch,Lurrie Bell & Sons of Blues

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Good Houserockin'
Good Houserockin' (JUGEMレビュー »)
Brewer Phillips & Ted Harvey

RECOMMEND

サン・オブ・ア・ガン
サン・オブ・ア・ガン (JUGEMレビュー »)
キャリー&ルーリー・ベル

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

watch

facebook

天気予報


-天気予報コム-

本棚

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS