<< 地元を歩く。その1 | main | 地元を歩く。その3 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
地元を歩く。その2
JUGEMテーマ:グルメ


 次に目指すは、生野区南巽

 やや距離はあるが、日頃車窓から見過ごす風景をえっちらおっちらとゆっくり眺める。
 ・・・といっても、小さな金属工場や空き地が続いているだけだが。

 地下鉄千日前線南巽駅の交差点にある、
 菓子製作所『きむら』

 ちょっと場に似つかわしくない(すいません)店構えと店頭の巽神社ロールなるポスター文字が近頃このルートを通る度、気になっていた。
 http://www.kimura-sw.jp/index.html

 きむら菓子工房

 店に入るや、コーヒーと甘い香り。さっき旧豚舎前で麻痺した鼻の細胞が正常に戻る。
 何の躊躇もなく、カウンターに座り、500円のケーキセットを注文してしまう。
 若いお姉ちゃんのたどたどしいドリップが微笑ましいが、一杯分ずつきっちりドリップしてくれる。
 ケーキセット

 ところで気になる巽神社ロールの正体とは?

 例の平日の朝でもネクタイ姿のサラリーマンの行列で入手困難なモンシュシュの堂島ロール(小生も3度ほどしか口にしておらず)にあやかったものか?

 店舗すぐ裏手の巽神社から拝借、神社とジンジャー(生姜)を掛けたものですね?やっぱり・・・。
 気になるそれをお持ち帰りにと注文すれど、あいにく『売り切れ御免』!?
 まさかの不意打ち・・・結局、陳列隣の『銀紙屋ロール(蜂蜜黒豆)980円』1本をお買い上げ。
 なんでも、このお店の親会社は大阪では老舗の銀箔製造会社(文中ホームページにて詳しく)という下情報は事前に仕入れていた。

 そいつをハンドルにぶら下げ、裏手の巽神社にも寄り道。特別な佇まいはどこにも無い。
 巽神社

 
 ここでUタン。豚舎前を通る元の道を戻るという手もあったが、大回りして、平野区に入った。


 しかし、ここまで書いて、大の四十男がロールケーキがどうのこうのと語る恥ずかしさに少し気づいたところ・・・。

 手にしたお土産のロールケーキは、のちほど登場いただくとして、適当にペダルをこぐうち、平野下水処理場に出くわす。

 普通は、見過ごし通り過ぎるところだろうが、吸い寄せられるように敷地内遊歩道へ導かれるのだった・・・。

 チャリ
 
 

| TAKAGIMANの胃袋 | 22:29 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:29 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Troubles
Troubles (JUGEMレビュー »)
John Embry & Sylvia

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Chicago's Young Blues Generation
Chicago's Young Blues Generation (JUGEMレビュー »)
Billy Branch,Lurrie Bell & Sons of Blues

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Good Houserockin'
Good Houserockin' (JUGEMレビュー »)
Brewer Phillips & Ted Harvey

RECOMMEND

サン・オブ・ア・ガン
サン・オブ・ア・ガン (JUGEMレビュー »)
キャリー&ルーリー・ベル

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

watch

facebook

天気予報


-天気予報コム-

本棚

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS