<< 500投稿記念アーカイブ。Part5 | main | 言うよね〜。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
500投稿記念アーカイブ。Part6
JUGEMテーマ:日記・一般


 一気に冬支度を急ぐ。

 この週末、やったこと、あったこと・・・。

 一、ホットカーペットを敷く。ニトリで新調した。
 二、以前ブログで紹介したオバケサツマイモが、スイートポテトに化けた。
 三、公園を約4キロ歩く。(継続なるか?)
 四、連夜の食卓には鍋。豚シャブにおでんがグツグツ。

 ・・・とまぁ、何かと入り用な年末へ向けて、無駄金を排除。
 麻生さんからのお小遣いが待ち遠しい。


 しばらく続いているアーカイブ日記。飽きられてはいまいか、いささかの不安も膨らみつつ今夜も振り返ります。


 ブログを書き始めてからの短い間に憧れのブルースマンの訃報を知った。
 リトル・ミルトン、スヌーキー・プライアー、ボニー・リー、ウィリー・ケント、そしてキャリー・ベル・・・。先日は、日本のブルース基礎を築き、牽引された塩次伸二氏の急な訃報。近年2度ほどオープニング演奏の機会を頂いた。
 ボクもそこに寄りかかる端くれとして、何を恩返し出来るのかと考えれば、もっともっとブルースを愛すること、ひとりでも多くの人にブルースという音楽の魅力を知ってもらうこと、なんでしょう。
 
 やってないなぁ。

 
 
 キャリーの訃報は、ひどく落ち込んだ。

 彼の残した作品からはずいぶん学んだ。
 もちろんこれからもたくさん学びます。

 http://takagiman.jugem.jp/?day=20070510

 
 傍目からは『真似事』と指摘されることもしばしばあるが、ブルースという未知の音楽に惹かれて以来、先人(ブルースの巨人から、無名、市井のブルースマンに至るまで)から多く学ぶことは避けられないのではないか。

 小生にとって幸運だったことは、そんな意識が近い仲間に出逢ったこと。

 この偶然は、今だから普通に思うけれど、振り返れば面白い。今だそれぞれの出逢いの記憶は鮮明で、ひとつの日記が出来上がる。

 きっとこれからもブルースに尻込みしない限り、学び、学ばされることだと思う。

 ここで抜け落ちてはいけないのが客席で対峙してくださった方々の存在がなければ成立しない。
 一度きりだった人、多忙で駆けつけられない人、今も変わらず出来を批評してくれる人・・・。ついには、客席から反対側を目指して楽器を手にした人も。

 アイパー
 アイパーがブルースハープを手にする必然性など、あの瞬間を逃したら無かったかもしれない。

 ちょっとお互いツヤツヤ若い。

 http://takagiman.jugem.jp/?day=20070211

 ウェッティー
 大先輩の明里氏、ウェッティー・ジョー氏、松田ゆうき君。

 それぞれに計り知れないこだわりを持った面々との、こだわった演奏に参加させてもらったことからも大いに学んだ。

 http://takagiman.jugem.jp/?day=20070204

 大野木さん

 「京都に凄腕ハーピストがいてる。」
 長年耳にしながら、交流する機会が無いまま時間は過ぎつつあった。突然やってきたそのチャンスにいい歳しながらびくびくするも、それは余計な労力であった。

 近頃は、同世代と言うことも作用して、ブルース以外の事でもブログに反応してくれる。
 氏の膨大な音楽的知識量にはとても対抗できないだろうから、別の記事で唸らせる事は出来ないものかと最近日夜考えたりするも、これも太刀打ち出来そうにありません。

 2007年2月、その大野木さんとの京都での初セッションの日記。
 http://takagiman.jugem.jp/?day=20070225


 近頃の車中一人の時は大音量でブルースやファンク全開です。

 そういえば、20代の頃あるライブ後、前後の窓全開にして深夜の長堀通りをジミーリード爆音で走り、パトカーに追いかけられたことがありました。余程気持ちが良かったんでしょう。
 
 ザ・ヴィー・ジェイ・ボックス6CD
ザ・ヴィー・ジェイ・ボックス6CD
ジミー・リード

 明日の朝は、ジミー・リードから何かを学ぼうと決めました!
 
| アーカイブ日記集 | 23:05 | comments(4) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:05 | - | - | pookmark |
コメント
意識が近い仲間との出逢いってすごく羨ましいです。
私もそういう出逢いが出来る様に、日々精進したいと思います。
ブルースのことは何もわからないので、コメントさせて頂いてよかったのか迷ったのですが、お邪魔させて頂きました。
写真見て、面影があったので懐かしかったです。
| なみ | 2008/11/13 12:10 AM |
>なみさん

 コメントありがとうです。
 
 世代もバラバラですが、刺激を受けます。

 面影?あります?よかった・・・笑

 なにせ、変わり果てたもんですから、よく古い友人に出くわしても気づかれないこと多いです。

 これからも時々コメントくださいね。
| TAKAGIMAN | 2008/11/13 7:56 AM |
おひさしぶりです。

って、コメント書いてないだけで、いつも読んでますけど・・・

ブログ引越ししましたんで、またヨロシクです!
| srvyao | 2008/11/15 3:29 PM |
>srvyao殿

 ありがとうございます。リンクアドレス至急変更させてもらいます。
| TAKAGIMAN | 2008/11/17 7:51 AM |
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Troubles
Troubles (JUGEMレビュー »)
John Embry & Sylvia

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Chicago's Young Blues Generation
Chicago's Young Blues Generation (JUGEMレビュー »)
Billy Branch,Lurrie Bell & Sons of Blues

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Good Houserockin'
Good Houserockin' (JUGEMレビュー »)
Brewer Phillips & Ted Harvey

RECOMMEND

サン・オブ・ア・ガン
サン・オブ・ア・ガン (JUGEMレビュー »)
キャリー&ルーリー・ベル

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

watch

facebook

天気予報


-天気予報コム-

本棚

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS