<< 今年も"TAKAGIMAN Presents BLUES BEFORE SUNRISE Vol.6"開催します! | main | 『愛染さん』から大阪の夏が始まります!(昼の部) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「今回の"11th St. Blues Band" ちょっぴり違いました。」
JUGEMテーマ:音楽



 先の土曜日6月29日、Yoshi水野率いる、

 "11th Street Blues Band"名義でのライブでした。



 今年の春先辺りから、個人的には、ライブ活動状況が、やや変化しています。

 ボクも含め、メンバー個々の事情にも関係しています。


 そんな中漏れ伝わる情報によると、YOSHI水野君は、方々から引っ張りだこだったようです。


 夏以降もブルースに限らず、秋まで予定が入っています。

 
 色んな場所や場面で、多くの人が、YOSHIのギターと出逢うチャンスが増えることは、いちメンバーとしても喜ぶべきことです。



 

 さて、今回は3バンドでのブッキングライブという形式でした。

 企画お誘い頂いたNABEさんとは、数年前にジャムセッションやネット上での交流が始まり、例の『瀬戸内海テトラポット事件』で寂しい入院生活を慰めに、いち早くお見舞い頂き、同じ虎党らしい差し入れまで頂戴し奈落の底に落ち込んだボクを励ましてもらった恩義は忘れません。

 ご自身もブルースバンドで、唄とハーモニカを担当、この日もそのBBF Blues Bandで熱演されておられた。


 「いつか、一緒にやりましょね?」

 お顔を合わす度にそんな言葉を交わして何年。お招き預かったという訳です。



 一方の11th〜は、最近もはやレギュラー扱いになった感もある、
Ayako Minamiさん(さんと呼ぶかちゃんと呼ぶかまだ迷ってますねん・・・)のアルトサクソフォン。


 YOSHIもAyakoさんも、長くシカゴのブルースシーンで活動していた経歴が共通点。(但し、入れ替わりなんですねぇ)

 サイドギターの池田君も1年余りシカゴ長期滞在経験があります。

 (あ〜〜〜〜、ボクだけ、蚊帳の外・・・なのにでかい面してますな?)


 問題は、ベーシストのお馴染み三木あきら君が、急遽欠場ということで、代わりのベーシスト探しにYOSHIが直前まで奔走していた様です。


 メールを開いてみたら、代役を務めてもらうベースが、TAK TANIMOTO氏に決まったとの報せ。

 プロフィールには、長年にわたるオーストラリアでの音楽活動を終えて、帰国して間がないとか。実際にYOSHIも会ったのは、ジャムセッションでの1回だけと言う。



 本番2日前、梅田の某スタジオで、YOSHI、池田君にボクで初顔合わせとなりました。

 2時間の内、実際は休憩も挟んだので、1時間弱の音合わせだけで当日を迎える事となった次第。



 会場の「Doors in Heaven」は心斎橋と長堀橋と日本橋からほぼ中間地点。

 雑居ビルが立ち並ぶ一角の最上階にありました。

 初めての場所です。

 エレベーターは5階までしかなく、お店は6階です。

 階段でひとつ上がる仕組み。



 リハーサルは、ボクとベースのTAK氏、Ayakoさんの3人で始める。


 オープンから続々とお客さんが来店され、トップのNABEさんの出番時には、ほぼ店内満員です。

 

 ノーチャージ・ライブということで、お客様には負担が軽いですね。


 客席には顔見知りが少ないと思いきや、お馴染みの顔、お久しぶりの方も見つけて、ホッとしました。


 さて盛り上がる店内に、グラスやジョッキが行き交います。

 呑まなくなった酒ですが、ボクも「ノンアルコールビール」を注いでもらいました。


 2番手の『風街衆籟』さんは、神戸から。

 70年代の日本のロックのカヴァーに、同世代の客席は湧いています。



 「アウェイ」

 こういうネガティブな言葉使いは、嫌いですが、実際にずっと若い頃のライブハウスなどでのブッキングライブでの苦い経験(目当てのバンドが終演と同時に、雪崩を打って席を立つ)をふと思い出します。

 
 客席におられる大半の方は、先の2バンドの御客様方。スタート時間は、9時半を回っていました。それでも席を立つお客さんが少なくて助かりました。

 知らない方にも観てもらう滅多と無いチャンスだったからです。


 待機時間ですっかり赤ら顔のYOSHIとベースのTAK氏。

 「Mr.Magic」で始まり。やっぱり冒頭から10分越え・・・大丈夫かいな?


 マスター、御客様方の計らいで、演奏時間をきっちり与えてもらい、端折った曲は一曲くらい?

 その分予定外に伊勢から遊びに来ていたアイパー大西が一曲参加して唄う。







 初めて合わせたベーシストTAK TANIMOTO氏は、素晴らしく、気持ちよかったなぁ。


 「あっ!せっかくの顔合わせやったのに、集合写真撮り忘れた!」


 次回の11th Street Blues Bandは、

 7月15日(月曜祝日)

 塚本ハウリンバーでございます。

 この日も対バン形式です。(3バンド)

 Ayakoさん、三木君も参加予定です。

 お時間ありましたら、遊びに来てくださいませ!


 http://www.howlinbar.com/


 

 

| ライブ始末記 | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:17 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://takagiman.jugem.jp/trackback/1304
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Troubles
Troubles (JUGEMレビュー »)
John Embry & Sylvia

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Chicago's Young Blues Generation
Chicago's Young Blues Generation (JUGEMレビュー »)
Billy Branch,Lurrie Bell & Sons of Blues

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Good Houserockin'
Good Houserockin' (JUGEMレビュー »)
Brewer Phillips & Ted Harvey

RECOMMEND

サン・オブ・ア・ガン
サン・オブ・ア・ガン (JUGEMレビュー »)
キャリー&ルーリー・ベル

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

watch

facebook

天気予報


-天気予報コム-

本棚

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS