<< 上町台地を歩く(後編)。 | main | チャ〜ンチャチャ〜ン、チャチャチャチャ〜ン、チャンチャ〜チャ〜チャチャ〜ン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
春が、見え隠れ?
JUGEMテーマ:日記・一般



 「二月は逃げる」

 とか、言うんですか?


 たった、2、3日普段の月と比べれば少ないだけなのに、確かに言われてみれば、早かった気がする。


 受験生諸君にとっては、人生悲喜こもごもを味わう時期なのでしょう。


 昨日は、出社してすぐに、壁やデスクに幾つかあるカレンダーをいっぺんにめくって回った。

 
 3月だ。


 昼からは、生暖かい雨が激しく降り、一日明けた今日はまた冬に逆戻り。

 三寒四温、もう暫く待ち焦がれる春はお預けでしょう。


 帰宅すぐ息子を呼びつけ、彼が大好きな近鉄特急カレンダー(2ヶ月1ページ)を初めて一緒にめくる。

 トイレの壁に掛けてある、我が家に唯一あるものだ。

 昨年秋の日記に書いた近鉄電車まつりの際に購入し、正月からピン留めしていたのだ。

 http://takagiman.jugem.jp/?day=20121112


 めくってビックリ、桜の季節だから、てっきり桜の名所吉野へ向かう『さくらライナー』だと2人とも思い込んでいた。

 
 「伊勢志摩ライナーやん!!!」

 「赤い珍しいのも並んでるやん!!」



 父子の声が、狭いトイレに響く・・・。




 
 
 しばらく会っていない幼なじみからメールが届く。

 転勤だと言う。


 家族で生まれ育った大阪を離れるのだ。


 ボクは、よほど拠ん所ない事情が身に降り掛からない限りはこの地に残ることになるのだろう。

 

 毎年、2月の半ばを過ぎると、勤め先の隣の門前に鉢植えの菜の花が並ぶ。

 営業車の洗った後の震える指先で、携帯カメラをタップした。


 ちょっぴり小さな春の気配を感じることが出来たのかな?






 

| TAKAGIMANの四方山な話 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:30 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://takagiman.jugem.jp/trackback/1265
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Troubles
Troubles (JUGEMレビュー »)
John Embry & Sylvia

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Chicago's Young Blues Generation
Chicago's Young Blues Generation (JUGEMレビュー »)
Billy Branch,Lurrie Bell & Sons of Blues

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Good Houserockin'
Good Houserockin' (JUGEMレビュー »)
Brewer Phillips & Ted Harvey

RECOMMEND

サン・オブ・ア・ガン
サン・オブ・ア・ガン (JUGEMレビュー »)
キャリー&ルーリー・ベル

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

watch

facebook

天気予報


-天気予報コム-

本棚

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS