<< 真っ昼間、鶴橋で焼き肉を喰うの巻。 | main | 2月以降のライヴのお知らせ。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
『The Best Of ChicagoRock』
JUGEMテーマ:音楽



 「あれ、ボツや。」


 Sマスターから急に連絡があった。


 「ボクらみたいなのは、もう入れんでもいいんやないですか?」

 電話越しに本音を言った。


 モジョモジョと返答があって、

 「とにかく29日の3時に集まってやぁ〜」となった・・・。


 
 何がボツかと言うと、お馴染みの南森町のブルース&ソウルバー・シカゴロックで今度はCDを制作するのだと・・・。

 
 Tシャツ、DVDに続いて今度は、お店に縁のあったプロ、アマひっくるめて一枚のCDに収めてしまえっ!と。

 
 

 少し前の日記にしたライヴレコーディングもこの為でもあった。

 その時は、まず「レコーディング」という文字を必要以上に意識したこと、もうひとつは「オリジナルのブルースを」という制約とが相まって、後でミックスした音源を聴かされて、参加した一同揃って赤面する内容であった。



 案の定、マスターも心変わりしたのか、冒頭の録り直しとなった訳である。


 これまでボクを含めた仲間の大半は、事実レコーディングあるいは、音源制作という作業に無縁に過ごしてきた。

 ライヴで演奏する曲は、ほぼ100%の割合で、古いブルースを自己流に焼き直したものばかりであり、いわゆるオリジナリティーを問われれば、確かにそうではなかった。また、その欲求は今も皆無である。


 路上時代、時々「音源は無いのか?」と訊ねられたが、無いとしか返す言葉を持たなかった。


 今回マスターから転がり込んだ機会は、渡りに船と勇んだものの、実際に記録された自分たちの音との隔たりは想像以上に開きがあって、これも冒頭にあるボクの返答になったのである。


 
 他方、そんなボクたちのライヴに身銭切って来て下さる方々が幾人かある事実もある。

 「こんな感じでボクたちは日頃やっております。」

 それくらいの姿勢で、今回の再録音を了解した。


 

 某スタジオ。

 集まったのは、前回のライヴレコーディングメンバーとは異なる5人。

 久米はるき、三木あきら、ヨシ水野、岡部キング、そしてボク。

 久米、ヨシ、岡部をメインに1曲ずつの割当となっている。


 当然一発録音だから、余計な打ち合わせなど一切無く、集合時間に集まる。


 機材を搬入してから、こんな感じで・・・とそれぞれ決めた。


 正直、これまでの演奏暦で初めてのレコーディング現場にかっても分からないまま、スタッフからヘッドホンを手渡される。

 ドラムのボクだけ、別室での作業。・・・むむむ孤独。

 


 他のメンバーもセッティング。彼らがどう動いているのか、会話もヘッドホン越し。「うまくいくんやろか?」また別の緊張感と不安。

 


 収録時間の関係で、最長でも4分くらいに曲も収める必要がある。

 幸いにも前回と異なるのは、場所をシカゴロックから、最新設備の整ったスタジオでの作業ということ。

 何といっても、録ったその場で、確認が可能な事だ。

 


 久米君は、即興のインスト。ヨシは十八番のトラディショナルなブルース。岡部キングはこちらも路上時代からの定番曲をそれぞれ何度か録音。

 


 都合終了まで3時間程度にも関わらず、どっと疲れが・・・。


 出来に納得いったかは、各人の事もあるし、伏せておく。

 ボク自身は、顔で笑って心で泣いての心境。


 自分の力量をこれほど白日の下に晒されると、日頃の大口を慎まないとならない。


 ともあれ、マスターはこのCD化の実現には本気な様だ。


 まだ詳細は確定していないが、ブルースだけではなく、ジャズ、弾き語りなど、あの方、この人が収録される予定。

 またしばらくして、マスターから冒頭の連絡が無い事を望もう。


 具体的なアナウンスが出来る状況になりましたら、またご報告致します。


 休日にも関わらず、収録にご協力下さったスタジオスタッフの方々、有り難うございました。

 勉強になりました。

 


 ちなみに、アルバム・タイトルは、

 仮称『The Best of ChicagoRock』だとか?

 

 

 

| ブルース・エトセトラ | 22:00 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Troubles
Troubles (JUGEMレビュー »)
John Embry & Sylvia

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Chicago's Young Blues Generation
Chicago's Young Blues Generation (JUGEMレビュー »)
Billy Branch,Lurrie Bell & Sons of Blues

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Good Houserockin'
Good Houserockin' (JUGEMレビュー »)
Brewer Phillips & Ted Harvey

RECOMMEND

サン・オブ・ア・ガン
サン・オブ・ア・ガン (JUGEMレビュー »)
キャリー&ルーリー・ベル

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

watch

facebook

天気予報


-天気予報コム-

本棚

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS