<< SAVANNAH BLUES JAM 1周年&難波何周年? | main | 今月から第3日曜マンスリー・シティーボーイズ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
シカゴ便り
 高校の同級生で、卒業後、私を半ば強制的にブルースの世界に引き込んだ、
 
現在は、栄チヒロ率いる「チヒロ・クインテット」の不動のサイドギタリスト(?)

 長岡周平。只今、シカゴに滞在中・・・・。

 6月始めに渡ってから、早、1ヵ月。彼から、(というか、私のリクエスト)シカゴの風景をおさめてもらった画像をご覧下さい。

昼間にフリードリンク、ドーナツ食べ放題(アルコール無し)で行われる、『ブルース・ブランチ』の模様だそうな。
 我々一部では絶大な支持を受けるギタリスト、ルーリ−・ベル
 アイパーがシカゴにいた頃は、良い噂は聞かなかったけれど、体型も随分ふっくらして、復活したようだ。良いな〜!


 
もう一枚、同じブルース・ブランチから。

 最近デルマークレコードから、新譜を届けてくれたテイルドラッガ−
 ボストン・ブラッキーを射殺した事で有名なヴォーカリストだ。ハウリン・ウルフばりに吠える。スキンヘッド(天然)をネタにしている。

 バックのギターはこれまた新譜を出した、マイケル・コールマン。デルマーク・オールスターズの布陣ですね。

 この他にも、あのパイントップ・パーキンス(70年代マディー・ウォータ−ス・バンド等に在籍したピアニスト)の御歳実に93歳のバースデー・パーティーなんかもあったそうな・・・。弾いたんかな??
 そういや、今年もシカゴ・ブルース・フェスティバルにも出演した、ハニ−ボーイ・エドワーズも91歳だとか・・・ロバート・Jr.ロックウッドも出演していたな〜。
 とんでもないです、90歳までブルースなんて、考えもつきません。

 お盆までは、滞在予定と言う訳で、彼に又何かおねだりするとしよう!

 
| ブルース・エトセトラ | 00:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:24 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://takagiman.jugem.jp/trackback/11
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Troubles
Troubles (JUGEMレビュー »)
John Embry & Sylvia

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Chicago's Young Blues Generation
Chicago's Young Blues Generation (JUGEMレビュー »)
Billy Branch,Lurrie Bell & Sons of Blues

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Good Houserockin'
Good Houserockin' (JUGEMレビュー »)
Brewer Phillips & Ted Harvey

RECOMMEND

サン・オブ・ア・ガン
サン・オブ・ア・ガン (JUGEMレビュー »)
キャリー&ルーリー・ベル

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

watch

facebook

天気予報


-天気予報コム-

本棚

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS