スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
1,000件目の日記。
JUGEMテーマ:日記・一般



 1,000件目の日記。

 maxwellstreet


 何を書いてきたかなんて、本人ですら覚えていないのだから、読者の方の記憶にどれだけ残っているのだろう。

 友達同士での下世話なお喋りならば、その場で忘れて消去してしまってもいっこうに問題はないが、こうして文字にして尚かつ誰にでも閲覧出来る環境に自ら晒しているので、うかつに軽口など叩けない。

 正直なその時感じた心の動きをしたためたい気持ちと、他者から誤解を生まない様に言葉を選ぶ慎重さの狭間で揺れ動く事もしばしばある。


 特に世相世情、思想や風俗に対する率直な意見は極力自制して書いているつもりである。


 怒りや憤りを感じない日が無い方が珍しいくらいだが、あえてその類いには口を慎んでいる。

 あくまでも当方ブログにおける趣旨は、ボクの周辺で起きるブルース事情の報告の場である。

 1,000本目を節目に、この本分を再確認したい。


 とはいえ、ブルースの現場のこぼれ話からは、何ら関係の無い私的な内容も振り返れば多々有ることは弁解しない。

 


 いつだったか、ある面識の無い読者の方が、ボクたちのライヴ演奏を初めて観た感想をこう表現してくれたことを思い出した。


 『市井(しせい)のブルース』


 「市井」を辞典であらためて調べてみた。


 人の集まり住む所。

 まち。

 ちまた。

 『市井の人』=「庶民」

 (語源)昔、中国で、井戸のある所に人が集まって市が成立したところから。



 なかなか言い得て妙である。

 ボク達にとっては最高の褒め言葉かも知れない。


 さしずめ井戸が「ブルース」なのか・・・。

 

 つい先日、これもボクが恥をしのんで公開しているYouTubeチャンネルを通じて、パーソナルメッセージがメールボックスに届いていた。

 その内容は、10数年前のなんばや梅田の路上演奏についての事である。

 送信者の方もミュージシャンらしく、たびたび当時ボクたちが路上で無差別に大音量でまき散らしていた場面に出くわしていたそうだ。


 そして偶然にもYouTubeの動画に引っかかったという。

 あの頃は、日替わりで3つのグループに分かれて、演奏にばかり集中し、MCは勿論のこと自己紹介などもほとんどなく、カンパ箱と一緒に置いてあったライヴフライヤーですら「持っていく人はどうぞご自由に」という無愛想さだった。

 送信者の方の記憶も多少混同していてメッセージにある登場人物の取り違えておられる。

 そんなことより10数年前、通りがかりの遭遇を今も記憶に留めてくれていた事は、感激もひとしお。


 一方でボクの記憶の中でも、路上で出逢った多くの人達は今もはっきりと残っている。

 「あの人はどうしているかな?」「あの子はもう家庭を持ったんだろうなぁ」なんて思い出した様に回想することもある。



 2011年秋現在、

 残念ながら、そうした生の出逢いの機会は消滅してしまった。


 あの行為が「市井のブルース」だとするならば、まさしくそんな毎日だったのかもしれない。


 10数年の経過は、ボクたちの生活環境も一変させた。

 あの頃の仲間の内の幾人かは、色々な事情で演奏からも遠ざかってしまった者もいる。

 かと思えば新しい出逢いもあり、「井戸」は幸いにも失わずにいる。


 
 1,000回目の更新を前に、何を想うか・・・。



 大それておこがましいが、あえてここは口ごもらず文字に残しておきたい。

 このブログが、その『井戸』のひとつとして、どこかの誰かが集って欲しい。



 開設当初には、コメント数やアクセス数に一喜一憂していた時期もあったが、今はそこに評価を求めることも少なくなった。

 但し、なにがしかを書き続けることだけは、面倒くさがらずに、これまで通り努めて等身大で、

 『市井のブルース』をご報告していきます。

 (時々は、個人的日記に転じることはご容赦を)


 
 過去に書いた10数年前の路上演奏を振り返った記事。

 当時を知る人、また知らない人、よろしかったら下記クリックを。


 『ロジョウ』の記録シリーズ

 
 

 

 

| アーカイブ日記集 | 22:30 | comments(2) | - | pookmark |
あれから1年経ちました。
JUGEMテーマ:日記・一般


 転居して、丸一年。

 早かったのか、遅かったのか・・・。
 ttp://takagiman.jugem.jp/?eid=362

 ともかく、衣食住に不自由を感じる事も少なくなり、ほぼ規則正しい生活を営んでいる。

 ちょうど1年前、段ボール箱の隙間で寒さに震えたことも、今では思い出となった。

 風呂釜は壊れたまま、水道栓のほとんどが緩んでいたり、とにかく普通の生活に落ち着くまでにずいぶん苦労したよなぁ・・・。

 そんな昨日、運悪く、町内会の班長に指名される。

 向こう三軒両隣、幼い頃から可愛がってもらった地元の人ばかりだから、そりゃぁ断れない・・・。
 前班長のおばぁちゃんは、実家のすぐ隣のたこ焼きと駄菓子屋さんだった。
 1個10円の小さなたこ焼きや、当てもん(1等くじはあらかじめ抜いておいて、商品は後に別売りしてることも子供ながら薄々感づいていたが)、チューチューにプラモデルやカードなど、ツケで買わせてもらっていたもんなぁ。

 転居前の賃貸マンションでは、5年半の間に一度も近所付き合いどころか、名前すら知らないまま過ごした。

 今は、早朝からお迎えさんの植木に水をやる音で目が覚めるし、路地裏の夕飯支度の匂いはウチにまで漂ってくる。
 大音量でブルースも流せないし、友人とのどんちゃん騒ぎも慎まなければならなくなった。
 そんな疎ましく思う事も多いが、人の営みとは元来そういうものだ。

 ひとまず愉快に暮らしている。

 
 越してきた最初の朝食は、何ともわびしいものだった・・・。
 朝ご飯


 冷蔵庫には2通のお祝い事の招待状がマグネットで貼付けてある。

 春が、本当に待ち遠しい。

 
| アーカイブ日記集 | 23:30 | comments(2) | - | pookmark |
500投稿記念アーカイブ。Part6
JUGEMテーマ:日記・一般


 一気に冬支度を急ぐ。

 この週末、やったこと、あったこと・・・。

 一、ホットカーペットを敷く。ニトリで新調した。
 二、以前ブログで紹介したオバケサツマイモが、スイートポテトに化けた。
 三、公園を約4キロ歩く。(継続なるか?)
 四、連夜の食卓には鍋。豚シャブにおでんがグツグツ。

 ・・・とまぁ、何かと入り用な年末へ向けて、無駄金を排除。
 麻生さんからのお小遣いが待ち遠しい。


 しばらく続いているアーカイブ日記。飽きられてはいまいか、いささかの不安も膨らみつつ今夜も振り返ります。


 ブログを書き始めてからの短い間に憧れのブルースマンの訃報を知った。
 リトル・ミルトン、スヌーキー・プライアー、ボニー・リー、ウィリー・ケント、そしてキャリー・ベル・・・。先日は、日本のブルース基礎を築き、牽引された塩次伸二氏の急な訃報。近年2度ほどオープニング演奏の機会を頂いた。
 ボクもそこに寄りかかる端くれとして、何を恩返し出来るのかと考えれば、もっともっとブルースを愛すること、ひとりでも多くの人にブルースという音楽の魅力を知ってもらうこと、なんでしょう。
 
 やってないなぁ。

 
 
 キャリーの訃報は、ひどく落ち込んだ。

 彼の残した作品からはずいぶん学んだ。
 もちろんこれからもたくさん学びます。

 http://takagiman.jugem.jp/?day=20070510

 
 傍目からは『真似事』と指摘されることもしばしばあるが、ブルースという未知の音楽に惹かれて以来、先人(ブルースの巨人から、無名、市井のブルースマンに至るまで)から多く学ぶことは避けられないのではないか。

 小生にとって幸運だったことは、そんな意識が近い仲間に出逢ったこと。

 この偶然は、今だから普通に思うけれど、振り返れば面白い。今だそれぞれの出逢いの記憶は鮮明で、ひとつの日記が出来上がる。

 きっとこれからもブルースに尻込みしない限り、学び、学ばされることだと思う。

 ここで抜け落ちてはいけないのが客席で対峙してくださった方々の存在がなければ成立しない。
 一度きりだった人、多忙で駆けつけられない人、今も変わらず出来を批評してくれる人・・・。ついには、客席から反対側を目指して楽器を手にした人も。

 アイパー
 アイパーがブルースハープを手にする必然性など、あの瞬間を逃したら無かったかもしれない。

 ちょっとお互いツヤツヤ若い。

 http://takagiman.jugem.jp/?day=20070211

 ウェッティー
 大先輩の明里氏、ウェッティー・ジョー氏、松田ゆうき君。

 それぞれに計り知れないこだわりを持った面々との、こだわった演奏に参加させてもらったことからも大いに学んだ。

 http://takagiman.jugem.jp/?day=20070204

 大野木さん

 「京都に凄腕ハーピストがいてる。」
 長年耳にしながら、交流する機会が無いまま時間は過ぎつつあった。突然やってきたそのチャンスにいい歳しながらびくびくするも、それは余計な労力であった。

 近頃は、同世代と言うことも作用して、ブルース以外の事でもブログに反応してくれる。
 氏の膨大な音楽的知識量にはとても対抗できないだろうから、別の記事で唸らせる事は出来ないものかと最近日夜考えたりするも、これも太刀打ち出来そうにありません。

 2007年2月、その大野木さんとの京都での初セッションの日記。
 http://takagiman.jugem.jp/?day=20070225


 近頃の車中一人の時は大音量でブルースやファンク全開です。

 そういえば、20代の頃あるライブ後、前後の窓全開にして深夜の長堀通りをジミーリード爆音で走り、パトカーに追いかけられたことがありました。余程気持ちが良かったんでしょう。
 
 ザ・ヴィー・ジェイ・ボックス6CD
ザ・ヴィー・ジェイ・ボックス6CD
ジミー・リード

 明日の朝は、ジミー・リードから何かを学ぼうと決めました!
 
| アーカイブ日記集 | 23:05 | comments(4) | - | pookmark |
500投稿記念アーカイブ。Part5
JUGEMテーマ:日記・一般


 竜馬竜一
 再来年放送のNHK大河ドラマ、

 『龍馬伝』の主役が、福山雅治に決まったそうだ。

 福山と龍馬・・・。どうなんでしょ?

 来年の『天地人』では妻夫木や小栗旬などがキャスティングされているらしく、某女性誌のランキング上位から順番に出演交渉しているのだろうか?と疑いたくもなる。

 実際、それだけ重厚な演技で視聴率を取れる時代物役者が少ない証拠なのかな?

 ともあれ、オリジナル書き下ろしの脚本、同じ土佐の郷士、のちの三菱を創設する岩崎弥太郎の目線を通した龍馬像が描かれるそうだ。
 
 個人的に幕末史に興味がある事と、我が名に「竜」の字を頂いている手前、再来年の年始が今から少し楽しみである。

 画像は、京都・霊山護国寺にある龍馬と中岡慎太郎の碑を前にて脱帽。
 2006年12月の日記より。
 http://takagiman.jugem.jp/?day=20061219


 
 あ、しつこくアーカイブ日記が始まってます。

 2006年の年末あたりまで針を戻しているところでありますが、忘れてしまっていたりすることが多々あり、タンカを切って実行していないこともあり、と、我ながら「いい加減なこと」書いてますね。
 反面こうして足跡が残っていくというのもまんざらでもありません。

 ロト
 2007年の年明けの日記にはロト6の悲しいハズレくじを残してます。
 http://takagiman.jugem.jp/?day=20070106

 あれだけ好きだったパチンコ通いから足を洗って久しく、唯一一攫千金を夢見て、時おり買う。
 今年、その宝くじの当選金目当ての凶悪事件があった。

 お金が人の人生を狂わせた一例だが、今日はくしくもロト6当選発表日。どこかで、一枚の紙切れを手にブルブル震えている人がこの日本に何人かいる。
 
 ちなみに本日の数字を参考までに。
 05 08 16 25 26 30
 6口当選。当選金は約5,700万円なり。市内でそれなりの一軒家が買える。



 new mac
 今、晩飯後、夜な夜なお世話になっている、愛機マックがようやく世代交代したのも2007年の正月開けの事。
 http://takagiman.jugem.jp/?day=20070116

 これからも当面、お世話になります。初代の頃には、動画も見れず苦労しました。
 君が来てからは、世の中に遅れをとる事なく快適にネット生活をエンジョイさせてもらっております。
 
 おおきに。

 今夜はこの辺で、休んで下さい。
| アーカイブ日記集 | 23:28 | comments(2) | - | pookmark |
500投稿記念アーカイブ。Part4
JUGEMテーマ:日記・一般


 We Can Believe in Change!

 オバマ氏が、アメリカ大統領になった。

 アメリカ建国史上初めて有色人種の大統領が誕生する。

 これが、開けてはならないパンドラの箱でない事を祈る。

 そういえば、「Change」に近いニュアンスのスローガンとともに登場したわがニッポンの元首相もいたなぁ。


 他方、昨日のトップニュースは、コムロが占拠した。

 音楽とお金との区別が途中からつかなくなったこの人もこの人だが、鬼の首でも取ったかのように袋だたきにする雰囲気もちょっと恐ろしい気がする。
 犯した罪は、法にのっとって粛々と裁かれるべきで、放送を使った公開裁判は公正に欠く。

 そもそも、この人を巨大化させ、カネを生む道具として育て、祭り上げた張本人は、大多数のメディアとひいては、我々大衆でもある。

 落ちぶれた50前の元カリスマが連行される姿に合わせて代表曲が流される。
 我が家の棚には彼のCDなど並んだ事は一度もないけれど、
 サビのフレーズは思いもよらず口に出る。
 好き嫌いは抜きにして、鼓膜に繰り返し繰り返し刷り込まれたらしい。

 ホリエモンもそうだ。
 亀田もそうだ。
 朝青龍もそうだ。

 健全だったのは、元バンドメンバーからのコメントだった気がします。


 前置きはここいらにして・・・。

 アーカイブ作業再開。



 写真は、甘いもん代表『堂島ロール』と
 辛いもん代表『からふく』。
 ここをご覧の方なら、薄々気づかれていただろうか?TAKAGIMANの日記にはほとんど「お酒」にまつわる話が無いのはどうしてか?
 面をご存知の方なら、相当飲める口だと思われている。
 実の話、下戸の部類です。実際生活の中でのアルコール占有率は極めて少ない。
 口に出来る種類も限られていて、ビールかワイン、ジンジャーエールで割ったジンくらいだ。誰かさんのように、ジャックダニエルを「グイッ」といきたいものだが、すぐに逆流してしまうだろう。

 家系的遺伝のせいだろう。晩酌という食卓を囲んだ経験が皆無なのだ。
 かといって、人一倍飲みの席は大好きだから、全く不自由はない。ご心配なく宴会にお誘い下さい。

 で、食べる事に関しても、ずいぶんブログの内容が誤解を招いているらしく、「グルメ」疑惑を問いかけられたりする。
 
 単身時代は、白米さえあれば満足で、おかずは、かまぼこでも塩昆布でも生卵だけでも構わない。満腹中枢さえ働いてくれたら事足りた。
 相方の指導の甲斐あって、おいしく食べるという楽しみを少し覚えた。
 家でも、外でも、値段の高い安いではなく、「おいしく」食べる。

 これ、意外に難しいものである。毎日とはなかなかいかない。

 それにしても、ブルースに付き物の、
 酒と女とギャンブル・・・どれも備わっていませんな。
 http://takagiman.jugem.jp/?day=20061019

 
 こういうシチュエーションで飲む酒は、おいしく感じるものでした。

 移動式屋台バーとして、抜群の完成度を誇ったBOOGIE MACHINE号での宴。
 ここしばらくお目見えしていませんが、開店予定はないのかなぁ?
 2006年11月23日の記事に初登場!
 http://takagiman.jugem.jp/?day=20061123


 
 今夜はここまで。最後にYOU TUBEよりの映像で。
 
 
 アメリカのマイノリティーが生んだブルースが、
 ボクに活力を与えてくれる。
 そういうことが、音楽だと信ずる。

 いよいよ朝晩肌寒くなりましたね。
 うっかりと風邪などひかぬよう皆さんご自愛下さいませ。

| アーカイブ日記集 | 21:45 | comments(2) | - | pookmark |
500投稿記念アーカイブ。Part3
JUGEMテーマ:日記・一般


 晴天。朝から慣れないDIYに挑戦するが、挫折。人の力を借りる。

 幼少期から、現在に至るまでこの種の作業が大の苦手である。根気不足、横着をかます、センスがない、の三冠王だ。現にそのせいで学生時代に何度も事故にあった。
 カンナで指の方を削る。彫刻刀がらみの負傷多々。ホッチキスの芯替えごときで自分の手を挟む。などなど・・・以来、刃物及び尖端恐怖症は不治の病となっている。

 さて本日も、500投稿を自ら記念して、2年半の当方ブログを振り返ってみます。いつも無許可、事後承諾で取り上げさせてもらった皆さん、ありがとう。今後もこっそり盗撮、リサーチ無しの推測で書かせてもらいますので、苦情及び削除の要請ありましたらご一報下さい。
 
 
 まだ前半戦の頃は、ナンバ高島屋前バス停での恒例の路上風景が頻繁に登場していた。
 今や撤退の悔しさすら薄れてしまった。

 この画像は、ハーモニカのアイパー大西が伊勢から参戦した模様で、BOOGIE MACHINEのオルガンもの珍しい組み合わせ。
 http://takagiman.jugem.jp/?day=20060813


 
 そのナンバ。業界再編の中唯一独立独歩の姿勢だった高島屋百貨店。
 ミナミの始発地点としてその存在は、大阪人にとってはあって当たり前の風景である。現在全面改装中の高島屋が、合併したキタの電鉄系百貨店の両雄、阪急・阪神グループと先頃提携するというニュースには驚いた。将来的にはこの3社合併統合の流れだという。
 東京資本のこのビルが真ん前に立ったのは、つい2年前の秋だった。

 http://takagiman.jugem.jp/?eid=51

 
 きっと、また本人にこの話を蒸し返すことを抗議されそうだが、やはりこれまでのライブ史上経験したハプニングでは金メダル級珍事だった。
 その場に居た演奏者もお客さんもこの一瞬の惨事がライブの記憶としてこれからも残るだろう。
 知らない人は、記事をご覧ください。タイトルは『空前絶後・前代未聞のライブ!』とのお題がついています。
 かの大山倍達総裁の手刀でもこうは上手くいかないでしょう。お見事!

 http://takagiman.jugem.jp/?eid=52
 
 
 虎党同志がこんなに周りにもいることをブログで取り上げる度に知ることとなり、嬉しくなる。私が及びもつかぬ強者もいるらしく、間違った情報を書かないように慎重さも必要だ。
 2年前は中日と秋まで争ったようだ。記事中に心配した40歳トリオも健在、浜中、井川の名前が懐かしい。広島の黒田がさも阪神入りするかの言葉は間違いで、今年、海を渡った。
 あえて今年の結果には触れない。
 同じ日付けの日記には、ボニー・リーが亡くなったとある。

 http://takagiman.jugem.jp/?day=20061009

 

 NEW SPECIAL AGENTS at HOWLIN'BAR
 ライブの記憶が鮮明に残ることは極めて稀で、ライブの出来不出来も記事を見て、なるほどと思う。・・・で、この10月のエイジェンツのライブの後日談を探したものの、なぜか記されていなかった。余程、出来に不満があったのか?と心配になった。私が覚えてないんだから、他の4人も期待薄ですね?

 ・・・てなことで、今夜のアーカイブは、一旦閉館。
 これまで500の記事投稿で使用した画像は累計1313枚だと判明!このアーカイブ作業、意外に面倒なことになりそうだと今頃気づいた次第。

 どうなることやら・・・。



 
 
 SPECIAL AGENTSのCDR購入希望の方は下記をご覧ください。
 http://takagiman.jugem.jp/?eid=499
 

| アーカイブ日記集 | 19:25 | comments(0) | - | pookmark |
500投稿記念アーカイブ。 Part2
JUGEMテーマ:日記・一般


 ネタ切れ回避、苦肉の策、
 
 アーカイブの第二弾。

 批判は甘んじて受けます。

 ところで、カップ麺が400円ぐらいだとの認識のわが国の首長殿。
 今度は、各世帯一律に商品券をくださるという。おまけに首都圏以外の高速道路はどこまで乗っても1,000円?一の出血大サービス。だから何年か後の消費税アップには怒らないでね?という寸法らしい。
 
 平均的庶民の立場から物申せば、消費税アップは来るべき高齢化社会を支える為には必要だというくらいは薄らと理解したとして、せめてもの対案として、日本人らしく生きる生活必需品、
 例えば一にコメや「さ・し・す・せ・そ」の調味料、トレットペーパーや洗濯洗剤のたぐいなどは無税と言わないまでも据え置き、代わりに贅沢品(どこから線引きするかは難しそうだけれど)某ブランド品や高級車、そうそう例えば貴殿が「安いもんだ」とおっしゃる一杯千何百円のスコッチなんかには、たっぷり上乗せしてもらうことを切に希望します。
 お昼のコンビニのおにぎりシャケと昆布の10円の差に悩む気持ちをどうか汲み取っておくれ。

 アーカイブを書く前にもうひとつ。
 
 今ブログと言えば、そう、泰葉

 近年稀に見るキャラ。流行りのおバカタレント達がまがい物だということを教えてくれた。
 現在閉鎖されてしまった彼女のブログ。私はこの騒動直前偶然にほぼ読破していたのです。支離滅裂に綴られる日記は衝撃的でした。無関係な私も思わず背筋に嫌な汗が滲んでしまうほど。故三平師匠の面白さも『金髪○○野郎』の落語も知らない私にとっては事の成り行きの詮索など無用だと自覚しながら、対岸の火事見たさ野次馬根性が何とも歯がゆい・・・。

 で、勝手に事態収拾の妙案をひらめいた!

 実の弟いっぺいの「三平」襲名中止→泰葉が「三平」を襲名→空席の「こぶ平」をいっぺいが襲名。なんとなく丸く収まれへんか??(ところで峰竜太とみどり夫婦に飛び火が無いのはなぜか?)



 あ〜、すっかり字数をとりました。眠たくならぬうちに写真で綴るアーカイブ日記。

 わずか2年ちょっとの間にも世相は日々変化するんだなぁ。
 
 2006年7月とある暑い夏の日記から。

 亀田弁当を車中で食う私!
 亀田君の近況ですが、年末の内藤戦が破談になり、11月1日にロサンジェルスで行う予定だったノンタイトル戦も中止。
 亀田ジムのオープニングには大橋会長他盛大だったというから、この業界も大相撲以上に複雑怪奇でありますね。
 ちなみに同日の日記に辰吉も登場させてます。ホントは大々的に語りたかったのですが、先日単身タイに渡り、ムエタイのリングで10代の選手を左ボディーブローでKOしたというニュースがありました。現在38歳のジョーの行方はとても気になる。

 http://takagiman.jugem.jp/?eid=22

 
 
 登場回数の多い場所は間違いなくここだろう。
 南森町にある、ブルースバー、シカゴロック
 週末の深夜に始まるジャムセッションの模様は、ここで何度もお伝えした。
 ブルース仲間以外の方には、「いったい、そこにはどんなおもろいことがあんねや?」でしょうね?
 非スモーカーの方には酷な室内換気、夏に演奏すれば安いサウナと思ってもらったら想像がつくし、腹ごしらえには多くを望んではいけないし・・・。じゃぁ、何が?
 正直、分かりません。ひとつ挙げるなら、期待と不安、苦痛と恍惚、そんなゴチャゴチャと喜怒哀楽が入り乱れているということじゃないかと思う今日この頃。


 
 2006年7月最後の日記から。
 (ほんとに繁昌しているらしい)繁昌亭がまだオープン前です。

 http://takagiman.jugem.jp/?day=20060730


 冒頭の前置きが長くなったせいで、アーカイブ日記の体をなしてませんね?こりゃ?

 500投稿記念シリーズ、もうしばらくお付き合いのほどよろしゅうに。

| アーカイブ日記集 | 22:16 | comments(0) | - | pookmark |
500本目投稿記念!
JUGEMテーマ:日記・一般


 先週は、ひとつショックな出来事があった・・・。

 6〜7年この季節から冬場に愛用していたベッチンのジャンバーが突発事故に合い、おしゃかになってしまった。泣く泣くゴミの日に廃棄した。
 古着屋でひと目惚れしたもので、背中のパッチくさい朝鮮半島の刺繍と左胸の「JAKE」の文字が気に入っていたのだ。とはいえ買った時点から手縫いの補修跡のツギハギ、中綿は裏地から顔を出しているわ、結局一度もクリーニングにも出さない代物だったので、潔く諦めよう。

 そんなことはさておき、こうして他愛も無い日常を垂れ流し続けている日記もこの項で、ちょうど500本目となったのです。
 このjugemへ引っ越してくる前にも約1年別の場所で書いていたから、ずいぶん書いたもんだ(ちなみに、その旧ブログは、プロバイダー契約終了と同時に消去されてしまった)。
 
 最初の日付は、6月30日になっています。果たして最初から覗いてもらっている人ってどれくらいいるんでしょうかね?大抵は、普段顔を合わせる身内って噂がもっぱらです。ゆえに晩ゴハンや、通販で買った食材、休日の行動などなどほぼ筒抜け。
 かたや肝心要のブルースの話題が盛り上がることが稀だという現状も深く反省しなければいけません。

 実はこのブログなんてものを始める前には、インターネットってもんにはほとんど興味も無く過ごしてきたように思う。ネット社会がこれほどの広がりを持った化け物だとは知らなかった。

 こうして書くことで架空の自分自身を膨らませてしまっていないか?常々心配の種である。虚勢を張っていまいか?特定の誰かを傷つけたりしていないだろうか?ん〜、自信が無いなぁ・・・。舞い上がらず、客観的に物事を見るということをこれからも肝に銘じなければあきません。

 ともかく、なんとか挫折せずここまで、続けてこれました。これもひとえに、コメントをもらったり、ライブやセッションの場などで、「ブログ見てまっせ〜」と声を掛けて下さる方々のおかげです。
 ブログの意味を教えてくれた初代エイジェンツのベーシスト某、当の本人が開設した個人ブログは、停止冬眠したままなのが、皮肉な結果となっています(笑、見てますか?再開しろよ?)

 そんなわけで、この2年半に書いた記事を思い返してみたが、まぁ大半は忘れてしまっていること・・・。

 写真とともに「アーカイブ」してみます。


 ジョーダン&ノア
 記念すべきブログ最初の画像は、なんとこのアメリカ人とオージー二人だった!
 難波の路上で知り合ったジョーダン(左)とノア(右)。ジョーダンとは、のちも一緒に飯を食ったり、カラオケでQueenの「ボヘミアン・ラプソディ」を合唱したり、来日した家族とも宴会したりと思い出深い。このブログにも度々登場してもらいました。
 例の某英会話学校の不祥事に巻き込まれ帰国。今頃また何処でビール缶片手に自転車乗っているのかな?
 http://takagiman.jugem.jp/?day=20060702


 
 ようやく少し、この5人でのスペシャル・エイジェンツに慣れてきた頃の画像かな?
 丁寧に、岡部キングの提案により「ニュー』が頭にくっついていましたね。


 
 2年前の7月の日記より。
 ブルース仲間内で一番長い付き合い(そら高校同級生ですから)の周平がシカゴ滞在中に届いた絵。ルリーの出っ張ったお腹が衝撃的でした。
 http://takagiman.jugem.jp/?eid=11


 
 ナンバ高島屋前路上。
 集合時間は、9時頃だったかな?10年以上続けてきた路上演奏。公権力との闘いが連日続いた。
 メンバーは、岡部キングと私にまだスキンヘッド前の久米、三木両君。歳の差10ウン歳のギクシャク度も面白かった。よく目をこらしたら、唯一立ち止まる聴衆は、ビール手にしたジョーダンとノアやん。


 ブルーブック
 もしかしたら、当ブログ最多出場回数を「チゲ鍋」と争うかもしれないBOOGIE MACHINE氷上。本職はドラムですが、ハモンドオルガンでブルースを!
 2006年7月19日の日記より。
 http://takagiman.jugem.jp/?eid=16#sequel
 




 ・・・こういった感じで、しばらくアーカイブ特集にてお付き合いを。
 (ネタ切れや!怠慢や!と責めんといて下さいませ)
| アーカイブ日記集 | 20:35 | comments(2) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Troubles
Troubles (JUGEMレビュー »)
John Embry & Sylvia

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Chicago's Young Blues Generation
Chicago's Young Blues Generation (JUGEMレビュー »)
Billy Branch,Lurrie Bell & Sons of Blues

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Good Houserockin'
Good Houserockin' (JUGEMレビュー »)
Brewer Phillips & Ted Harvey

RECOMMEND

サン・オブ・ア・ガン
サン・オブ・ア・ガン (JUGEMレビュー »)
キャリー&ルーリー・ベル

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

watch

facebook

天気予報


-天気予報コム-

本棚

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS